腰部脊柱管狭窄症の原因と症状の特徴

腰部脊柱管狭窄症の原因と症状の特徴

腰部脊柱管狭窄症とは、何らかの原因で、腰椎内部の神経の通路である脊柱管が狭くなり、脊柱管の内部にある神経組織を圧迫することによって症状が出現する疾患です。

日本では一般的に脊椎の変性や変性すべり症によって起こる「変性脊柱管狭窄症」のことをいいます。

まず、脊柱管内部を走る神経の本元は脊髄神経で、腰にも脊髄があると思われがちですが、脊髄は第1・2腰椎間で終わっており、それから下は馬尾神経といわれる神経となります。

馬尾神経は名前の通りで、まさに馬の尾のように、小さな1本1本の神経の束が硬膜という神経を入れる袋の中で、脊髄液に浮かんで脊柱管の中に納まっています。

そして、硬膜から出た神経は椎間孔を抜け神経根となり、さらに集まって大腿神経や坐骨神経となります。

腰部脊柱管狭窄症は圧迫される部位により分類され、それぞれ違った症状を呈することがあります。

馬尾が圧迫される「馬尾型」、神経根が圧迫される「神経根型」、両方が圧迫される「混合型」となります。
どの場合もあらゆる年代で発症する可能性がありますが、50~70歳代までの方々に多く発症する傾向があります。

どの型にもみられる症状の特徴は、しばらく歩くと徐々に下肢が痛みや痺れを感じるようになり、歩けなくなります。しかし、歩くのをやめてしゃがんで腰を丸めてしばらく休むとまた歩けるようになるという、「間欠跛行」の症状です。
これは腰部脊柱管狭窄症の代表的な症状です。

原因としては
・先天性脊柱管狭窄症・・・生まれつき脊柱管が狭い、また、
・腰椎すべり症・・・辷った椎骨が脊柱管を狭窄する
・椎間板ヘルニア
・腰椎への手術
・成長途中で脊柱管に十分な広さが出来なかった
・加齢による病気や変性
などが考えられています。

高齢者に多い事から、腰が痛かったり歩けなくなったりするのは「年齢のせい」として放置しがちですが、脊柱管狭窄症が原因の腰痛は時間がたつにつれて症状が進行してしまう事があります。
放置していて改善されることは決してありません。

特に安静にしているのに両脚にしびれや麻痺がある場合は、症状は重いと認識して専門医の診察を受ける事が必要です。

また、同じような「間欠跛行」の症状が出る疾患で「閉塞性動脈硬化症」があります。
脊柱管狭窄症の間欠跛行時は、休むことで痛みは軽快しますが、「閉塞性動脈硬化症」は血管が詰まることで起こる病気で、腰を丸めて休息をとっても痛みが軽快することはありません。