脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは

脊柱は24個の椎骨が繋がってできています。
各椎骨の中央には空間があり、その空間が繋がって脊柱管が構成されています。
脊柱管は、脊髄神経(腰椎のあたりからは馬尾神経)の通路となっています。

その脊柱管が、椎間板や椎骨、靭帯などの変性で狭くなることにより、脊柱管内部の神経が圧迫されて症状が出現します。

脊柱管狭窄症は先天的な要因もありますが、加齢による脊柱管の変化が主な原因であることが最も多く、一般的に日本では脊椎の変性(変形)や腰椎のすべり症によって起こる「変性脊柱管狭窄症」のことを指します。

中年以降の男女、特に男性に多く、女性は閉経後に骨粗鬆症との合併で発症することが多くなります。

脊柱管狭窄症の症状は狭窄の箇所や障害を受ける神経が、馬尾神経か神経根か、両方かなどによって違ってきます。

主な症状は、腰痛や下肢にしびれ、腰、おしりから膝にかけての体の後ろ側に坐骨神経痛のような痛みが現れてきます。

腰部脊柱管狭窄症では、立って仕事をしていると、腰や臀部、大腿部に痛みやしびれが強くなってきて立っていられなくなる。
どこかに肘をついたり、腰を屈めたり、座ったりしないと仕事を続けられない。

また、歩いていても同様に少し歩いていると症状が現れ、歩けなくなり、腰を前にかがめたり、しゃがんだり、座ったりすると症状は軽くなり、また歩けるようになる、つまり間欠性跛行の症状が出てきます。これは腰部脊柱管狭窄症の典型的な症状です。

腰部脊柱管狭窄症の症状に共通しているのは、腰を伸ばしていたり、後ろに反らしていると症状が酷くなり、前に曲げている(前屈)と症状は軽減・消失するということで、腰部脊柱管狭窄症の症状は、腰の伸展・前屈との関係が強いことが特徴です。

馬尾神経が圧迫を受けた場合は、神経根が圧迫を受けた場合より症状が酷く出ます。
間欠性跛行では歩ける距離が極端に短くなり、歩行困難となってしまう事があります。

また、馬尾神経の束には膀胱や直腸の働きを司る神経があり、排泄障害や、会陰部のほてり、男性の場合には異常な勃起などが起こってくるようになります。

神経症状が激しい場合には手術の適用となります。
患者には高齢者が多い事から手術は避けたいもので、その為にはやはり早期に治療をする事が重要となります。