脊柱管狭窄症、病院での治療

脊柱管狭窄症、病院での治療

脊柱管狭窄症は、先天的な要因もありますが、多くの原因は加齢による椎骨、椎間板、靭帯などが変性して脊柱管を狭窄し、内部を走っている重要な神経を圧迫することで痛みや痺れなどを生じるもので、高齢者に多い疾患です。

整形外科での診察となりますが、脊柱管狭窄症が疑われると、病院ではまずX線検査やCT・MRI検査を行います。

その結果、狭窄箇所や狭窄の程度が判りますので、その後の治療方法が決定されます。
治療は、歩行困難や排泄障害など、「馬尾神経」が障害を受けていて重度の神経症状が出ている場合は、手術が検討されます。

しかし「神経根」が圧迫されるタイプなどの症状は比較的軽いので、手術は行わず保存療法で治療が進められます。

まず、痛みがある場合は患部周辺の炎症を抑える為に「安静」にして、「非ステロイド性消炎鎮痛薬」の服用で痛みの軽減を図り、「湿布薬」などで炎症を抑えます。

また、8割以上の治療で末梢血管拡張薬であるプロスタグランディンを使用します。
末梢血管を弛緩させることで神経の通りも良くなり、痛みが軽減します。

血行を改善するためにホットパック(蓄熱財)を使う温熱療法や、超音波治療器による治療も行われる場合があります。

場合によっては腰椎の牽引も行われますが、かえって症状を悪化させることがありますので、痛みが増すような場合には医師に申し出るようにしなくてはなりません。

また、腰部を安定させる目的で腰部コルセットを装着することがありますが、腰部脊柱管狭窄症は、腰を前に曲げた状態で症状が和らぐため、コルセットも腰を少し曲げた状態で固定する「屈曲コルセット」を使用することもあります。

以上のような治療法で痛みがあまり改善されない場合には、患部に「局所麻酔薬」を注射して、脳への痛みの伝達を遮断したり、血流改善や炎症を鎮めたりする「ブロック注射」が行われることがあります。

「硬膜外ブロック」「神経根ブロック」などがあり、「硬膜外ブロック」は、脊髄を覆っている硬膜の外側にある空間へ局所麻酔薬などの薬剤を注射します。
硬膜外ブロックで効果がないと、神経根に直接注射する「神経根ブロック」が行われることもあります

脊柱管狭窄症は、長年の姿勢の悪さや運動不足も大きな要因となっていますので、痛みが改善されてきたら、運動療法を取り入れストレッチや体操などで腰部周辺の筋肉を強化していきます。

姿勢の悪さは長年にわたって身についたもので、簡単に治せないかもわかりませんが、医師や理学療法士などから正しい姿勢の指導を受け、日常の生活の中で心がけていくようにします。