運動療法

運動療法

腰部脊柱管狭窄症は、腰椎の脊柱管が主に加齢変性などで管内部が狭くなることで起こる疾患です。

脊柱管が狭くなると、内部を走っている重要な脊髄神経を圧迫し、神経組織の血流障害などを生じる事から痛みが現れてきます。

この症状の改善のためには脊柱管の狭窄を取り去り、内部を広くして神経を圧迫から解放することになります。

手術によって狭窄を取り除くのが一番良いのでしょうが、手術をしても完全に症状を取り去ることは困難といわれています。
特に痺れ感などは残ることが多いようです。

日常生活にあまり支障が無いようであれば、手術を避け保存治療で対処することになります。

脊柱管狭窄症の保存治療での運動治療は、解剖学的、そして生命力学的観点よって脊柱管を拡大するように計画されたリハビリプログラムです。

具体的にいうと、主に腹筋、殿筋(お尻の筋肉の総称)、ハムストリング(下肢後面を作る筋肉の総称)、背筋、腸腰筋などを屈筋・伸筋によるストレッチングを行い筋力を増強するトレーニングです。

脊柱管狭窄症の運動療法は、まず腰痛の症状を正確に診断しなければなりません。
それぞれの症状における腰痛の発生、疾患の病期、狭窄されている箇所などを考慮して、それぞれのリハビリ内容が決定されます。

また、そのプログラムにそって運動治療をしていく中で、医師や理学療法士は、随時症状の変化に対応する運動処方の見直し、変更、追加という作業を繰り返します。

脊柱管狭窄症は体を後屈すると痛みが憎悪するので、ストレッチ運動はその点を配慮したものになります。

脊柱管狭窄症の保存療法としての運動療法は原因に直結した治療に近いので、効果も持続性があります。

しかし、加齢変性で一度狭くなったしまった脊柱管を元の状態に戻すことは不可能です。
運動療法によって一時的に痛みは軽減されても、以前のような腰椎に大きな負担を強いる生活習慣を繰り返していては、再発は必至です。

病院でのリハビリメニューの継続と、生活習慣の見直しをして再発防止に努力していかなければなりません。

姿勢の矯正なども、理学療法士は指導してくれますので、一度きちんとした正しい姿勢を身につけるようにして下さい。