脊柱管狭窄症の名医とは

脊柱管狭窄症の名医とは

脊柱管狭窄症に限らず、何かの病気で悩んでいるのならば、信頼関係の築ける医師に診察してもらいたいと思うのは当たり前のことです。

脊柱管狭窄症のように、脊椎に関連した疾患は進行すると立つことも歩く事も困難になる場合があり、治療を誤ると大変なことになります。

きちんと治すか直さないかは、良い医師に巡り合えるかどうかにかかっているといっても過言ではないかもわかりません。

現在、脊柱管狭窄症は椎間板ヘルニアと並ぶ腰痛の2大原因といわれています。
良い医師を見つけることでしつこい腰の痛みからきっと解放されるはずです。

脊柱管は、椎骨が積み重なってできる管状の空間のことで、脊柱管狭窄症は加齢による椎間関節や靭帯、椎間板の変形、脊椎すべり症などが原因となって起こります。

脊柱管狭窄症は、整形外科で診察を受けることになるのですが、整形外科といっても脊柱管狭窄症に関しては、医師にはその経験が問われる繊細な部位の疾患ですですから、良い医師を探す事が治療の第一歩で重要なポイントとなります。

脊柱管狭窄症に関する医師には、脊柱管狭窄症に十分な治療実績を持っていることが要求されます。

脊柱管狭窄症は、神経が圧迫される部位によって馬尾型、神経根型、混合型に分けられます。
馬尾型や混合型の場合は重症化することが多く、腰痛の他に歩行困難や、排泄障害、感覚障害などを発症し日常生活が極めて困難になることがあります。

なるべく手術をしないで痛みを軽快させることも、名医の技量といえるでしょう。
しかし、上記のような症状が出るようになると医師は手術を検討するようになります。

手術は医師の経験が重要になります。
十分な治療実績、豊富な手術経験のある医師に治療を委ねたくなるのは患者として当然のことです。

設備の整った病院である事も重要です。
医師については、手術を経験したことのある患者に話を聞く事も大切ですし、やはり口コミなどの評判も参考にした方が良いでしょう。
ホームページなどで医師の紹介がしてありますので、参考にする事もできます。

しかし、一番重要なのは患者と医師の信頼関係です。
病気に対する十分な説明をしてくれ、患者が納得することが必要なのです。