腰部脊柱管狭窄症の特徴

腰部脊柱管狭窄症の特徴

腰部脊柱管狭窄症の症状に見られる大きな特徴があります。
歩いているとだんだんと下肢に痛みや痺れが起こり、苦痛で歩けなくなりますが、腰を掛けたり屈めたりしてしばらく休むとまた歩けるようになる、といった状態を繰り返す「間欠跛行」です。

また、前傾姿勢で痛みが緩和され、腰を反らせる状態にすると痛みが憎悪します。これも脊柱管狭窄症の大きな特徴といえます。
前傾姿勢で楽になるのは、前かがみになると圧迫が解放され、脊柱管が広がるからです。体が前かがみになることによって神経への圧迫が緩むという事です。

また、脊柱管狭窄症のタイプや、どこが圧迫されているかによって症状の違いも見られます。

脊柱管の中には、脳から続く脊髄神経、馬尾神経および神経根が通っています。
例えば、左右どちらかの「神経根」が圧迫された場合には、圧迫されたほうの腰から足にかけて神経に沿ってしびれや痛みの症状が出ます。(稀ですが、両側の場合もあります)
腰部脊椎症や脊椎分離すべり症があると、起こりやすいといわれていて、腰を反らせた時に症状がひどくなり、前屈した姿勢では症状が楽になります。

また、「馬尾」が圧迫された場合には、症状は神経根が圧迫された場合よりも酷くなります。「足の痺れ」「麻痺」が広範囲に及び、下肢には「脱力感」もあります。

馬尾神経の束には膀胱や直腸の働きにも関係している神経が存在しており、それが圧迫を受けると、排尿・排便に異常が見られ、また会陰部のほてりや異常感覚、男性では異常な勃起が起こることがあり、背骨の疾患とは思えないような症状が出現します。
馬尾型は、変性すべり症があると起こりやすいことがわかっています。

さらに、神経根と馬尾の両方が圧迫を受けた場合には、両方の症状が現れさらに重症化する恐れがあります。

脊柱菅狭窄症による症状のなかで最も厄介な症状が、しびれです。
しびれは痛みよりも治りにくく、手術をしても痛みは無くなるのですが、しびれは残ることが多いのです。

全てが改善されると思って手術を受けても、痺れが残ることがあり、患者ががっかりすることが多いといわれます。

脚にしびれの症状が現れたら、なるべく早く検査を受けて原因を明らにし、速やかに治療を行うことが大切です。しびれは痛みよりも重得な場合がありますので十分注意しなければなりません。