変形性腰椎症

変形性腰椎症

変形性腰椎症(変形性脊椎症)は、腰椎や椎間板に原因があると考えられる腰痛症状の総称で症状名です。

加齢などにより、腰椎や椎間板などが変性することが原因で、慢性的な腰痛状態になるのではないかと考えられています。

人間は年を重ねるにつれて、徐々に身体機能が低下していきます。
当然背骨も同様で、背骨を構成する椎骨自体が脆くなったり、椎骨間に存在する椎間板や椎骨同士を強固に繋いでいる靭帯、椎間関節なども加齢変性を起こします。

中高年になって、腰痛などの症状が現れる場合を、大まかな表現で「腰部脊椎症」とする事があります。

これら腰椎骨やその周辺の部位の変性が要因となって腰部脊柱管狭窄症を発症する場合も多々あります。

椎骨間にある椎間板は軟骨に似た成分で、正常な時には多くの水分を含み椎骨間のクッションの役割を果たしているのですが、加齢と共に水分が減少し、弾力性を失います。

すると、椎骨の縁部分が変形し、椎間板は薄くなり椎体の間がせまくなります。
椎間板に接した椎体が硬くなり(骨硬化)、前後に骨の出っ張り(骨棘)ができ、後方にある左右の椎間関節も傷んできて神経を圧迫します。この事から腰がだるい、重い、しびれる、痛むといった症状が起ってきます。

背中中央から、腰に掛けて上半身下部に、不快な違和感や痛みが発生することが多いく、 痛みの程度は、変形の大きさや炎症の度合いにより違ってきます。

また、加齢にともなう骨の変形の程度も人によって様々で、痛みの出かたも人それぞれです。
骨の変形が強くあっても、ほとんど痛みが出ない人もたくさんいます。

変形性腰椎症が高じて、腰椎での神経の通り道が狭くなった状態が、腰部脊柱管狭窄症です。
この場合は、腰痛だけでなく下肢にしびれや痛みがあらわれる事があります。

また、ただ椎間板だけが傷んでいてそこから痛みがでる場合は腰椎椎間板症、傷んだ椎間板が何かのきっかけで膨らんだり、中から髄核が飛び出したりして神経を圧迫して腰痛や坐骨神経痛の症状が出る状態を椎間板ヘルニアとしています。

体の中央、重要な部分の脊椎は、簡単に治るものではありません。
特に、痛み以外の症状がある場合は、骨格形状だけでなく内科的な大きなトラブルを抱えている場合もあります。

また、以前、診断された場所と症状が同じであっても、原因が違っている場合もありますので、自己判断はせずとにかく早い段階で専門家の判断を仰いで下さい。