神経根性間欠跛行

神経根性間欠跛行

腰部脊柱管狭窄症の特徴的な症状の一つに間欠性跛行があります。

間欠性跛行とは、歩き始めてしばらくすると腰から下肢にかけて痛みや痺れなどの症状が現れ徐々に足が前に出なくなってしまいます。

この状態は脊柱管狭窄症が原因の場合、しばらく前かがみになって休んでいると、坐骨神経痛のような痛みやしびれは自然になくなりし、また歩けるようになります。

痛みが治まり再び歩き始めると、しばらくしてまた痛みやしびれが襲ってきて歩けなくなります。
この状態を繰り返すのが間欠性跛行で、状態が悪化してくると、歩ける時間や距離が段々と短くなってきます。

脊柱管狭窄症が原因の間欠性跛行の症状は、身体をやや前屈して丸めた状態ではでないのですが、後ろにそらした状態だと出現しやすくなります。
これは、背を丸める事で脊柱管のスペースが広くなり神経への圧迫が解かれ、血流も良くなるからです。

腰部脊柱管は、前方(腹側)は椎体と椎間板、側方は椎弓根、後方(背側)は椎間関節、椎弓、棘突起などの骨・軟骨の間に有る管状の空間です。

その管の中には支持組織として前面に後縦靭帯、後面には黄色靭帯があり、脊柱管のしなやかな動きと安定性を維持しています。

馬尾や神経根はこの脊柱管内を通っていることから、加齢による変性(椎間板の変形、靭帯、骨の厚肥)などで脊柱管が狭くなると、腰神経が圧迫され、間欠性跛行が現われるようになります。

手押し車や歩行器を利用して歩く時や自転車に乗った場合には前傾姿勢になるので、症状があらわれにくくなります。

腰部脊柱管狭窄症による間欠跛行は神経根性間欠跛行といわれており、通常症状は左右どちらかの脚に現れますが、馬尾神経や脊髄神経が障害を受けている場合には、重症化することが多く、両方の脚に症状がでることが多いようです。

またバージャー病や閉塞性動脈硬化症など下肢の血行が悪くなることでも間欠跛行が発症することがあり、これらを血管性間欠跛行と言います。

バージャー病(閉塞性血栓血管炎)は四肢(主として下肢)の末梢動脈の内膜の炎症により動脈の閉塞を来し、血流障害が生じる病気で、原因は不明の血管炎です。
喫煙する20-40代の男性に好発するようで、原因は喫煙との関係が疑われています。

閉塞性動脈硬化症は、主に下肢の大血管の動脈硬化が進行し、充分な血流が保てなくなる病気です。
血液の流れが悪くなるため、歩行時に足のしびれ、痛み、冷たさを感じ間欠性跛行の症状を呈します。
さらに進行すると、安静時にも症状が現れることがあり、壊死してしまう事があります。

神経根性間欠跛行の場合には、安静を保つことで症状が消えますが、血管性間欠跛行は休んでも症状は軽快しません。

これらの疾患は、腰部脊柱管狭窄症との鑑別がとても重要になります。