脊柱靭帯骨化症

脊柱靭帯骨化症

背骨は24個の椎骨が積み重なってできています。
椎骨には中央部に楕円形の空間があり、それが24個繋がってできた管が脊柱管で、ここには脳と連続する脊髄組織神経が走っています。

腰部脊柱管狭窄症とは、この神経の通り道となる脊柱管が何らかの理由で狭窄され、中の神経が刺激や圧迫を受けて症状が出るものです。
狭窄される原因には、外部要因と内部要因があります。

内部要因には、脊柱管内の靭帯が変性して骨化することから起こる、脊柱靭帯骨化症(後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症、前縦靭帯骨化症とも呼ばれる)があります。

脊柱管の内壁を構成する主要靭帯は後縦靭帯と黄色靭帯ですが、脊椎の前側には前縦靭帯があり、細かくはどの靭帯が骨化したかによって呼び名が変わるということです。

脊柱靭帯骨化は、加齢変性に因ることが多く、おもに中年以降で、男性の発症率は女性の2倍となっています。
最もやっかいなのが後縦靭帯骨化で、後縦靭帯骨化症は難病に指定される脊椎疾患で、治療費は公費の対象となっています。

後縦靭帯は、脊椎椎体(椎骨のお腹側)の後縁を上下に連結し、脊柱を縦走する靭帯で、骨化し大きくなると脊髄の入っている脊柱管を狭窄し、脊髄や脊髄から分枝する神経根を圧迫するようになります。
これにより、知覚障害や運動障害等の神経障害を引き起こします。

骨化する脊椎の部位によってそれぞれ頚椎後縦靭帯骨化症、胸椎後縦靭帯骨化症、腰椎後縦靭帯骨化症と呼ばれます。

腰部後縦靭帯骨化症は、骨化した部分に外部から強い衝撃を受けると、症状が一気に悪化することがありますので、注意を要します。

原因は単一ではなく、複数の要因が関与して発病すると考えられています。
例えば、遺伝、性ホルモンの異常、カルシウム・ビタミンDの代謝異常、糖尿病、肥満、老化、骨化部位における局所ストレスや椎間板脱出などが挙げられ、特に家族内発症が多いことから遺伝子の関連が有力視されていますが、原因の特定には至っていません。

脊柱管狭窄症の原因が脊柱靭帯骨化症の場合は、外部要因による脊柱管狭窄症とは違った症状が現れてきます。
具体的には、初期には手足のしびれや作動の悪さを自覚症状として認識することが多く、麻痺が強くあらわれるようになります。

字を書く事や、財布から小銭を出す事が困難と感じる場合は注意を要します。
また脊柱管狭窄症と同様に、歩行障害や膀胱直腸障害(排泄障害)があらわれるようになると、症状が進行している状態です。

もちろん腰痛や下肢のしびれといった脊柱管狭窄症の典型的な症状も認められますので、これらの異常を認知したら、早めに診断を受けて治療しなければなりません。

後縦靭帯骨化症は黄色靱帯骨化症、前縦靱帯骨化症を合併しやすく、骨化部位は縦方向や横方向に広がっていきます。
骨化があるからと言ってすぐに症状が出るものではありませんが、症状のない方は定期的にレントゲン線写真検査をする必要があります。