筋持久力の強化

筋持久力の強化

脊柱管狭窄症などの腰痛症の場合、急性期の痛みが和らぐと、理学療法などで体の機能回復を図っていきます。

その時医師は筋力の強化をするようにといいます。
では筋力の強化とは一体どのようなことをするのか、どのように効果的なのか、 実際に腰痛治療を受けたことがない方は、筋力強化の意味を正確に理解できないかと思います。

腰痛治療における筋力強化とは、重量挙げの選手のように重い物を持ち上げるために筋肉を強くするということではなく、いかに同じ姿勢をずっと続けることができるのか、その筋持久力を強化することになります。

筋持久力が強化されると、長時間のデスクワークや車の運転などで、同じ姿勢を維持することが辛くなくなります。
極端に云えば筋肉だけで体が支えられるぐらい、脊柱にかかる負担が減っていきます。

こうした体がつくられていくと、椎間板や靭帯、骨格自体も健全化され、脊柱管への圧迫も緩和されはじめますので、時間はかかりますが脊柱管狭窄症からくる腰痛や坐骨神経痛なども軽快に向かっていきます。

現在「腰痛とは関係ない」と思っている方でも、仕事などで同じ姿勢を維持するのが困難な場合があるかと思いますが、そのような場合には是非、筋肉に持久力をつける努力をしてみて下さい。
仕事の能率アップや腰痛予防に繋がります。

ではどのようにして筋持久力をつけるのかという事になりますが、これは体のより骨格に近い場所にある筋肉、インナーマッスル(深層筋)を強化することにほかなりません。

インナーマッスルを鍛えるのに、ハードな運動は必要ありません。
脊柱管狭窄症の急性期の痛みがようやく引いたばかりで、運動にはちょっと恐怖感のある方でも無理なく取り組める体操などで、鍛えることができます。

このような体操は、リハビリセンターが設置されている整形外科なら、理学療法士の方から指導してもらえます。

簡単な体操が殆どで、高齢者にも無理なく行なえるのですが、なかには運動として物足りないことから、日々続けるのがかえって億劫になるという方もいるほどです。

しかし、筋持久力を強化していくことで病状の進行を防ぐ事が出来ますし、間欠跛行などの典型的な症状が出ないようにするためにも機能回復を図る運動は、物足りないといえども大切なのです。

早く治したい思いが強く焦る気持ちも出てくるかもわかりませんが、地道にリハビリを行う事で良い結果を招くことは明白です。