脊柱管狭窄症と体操

脊柱管狭窄症と体操

脊柱管狭窄症や、その他腰痛がある場合に、体操やストレッチ運動が効果的とされています。

しかし、体操やストレッチ運動は、基本的に痛みの軽減や予防には効果があるとされていますが、根本から治療できるものではないという事は理解しておかなければなりません。

既に痛みがひどい場合には、まずは安静にし、痛みが少し和らいできたところで病院に診察に行くのが先決です。

自宅で出来る脊柱管狭窄症の体操には下記のようなものがあります。

【腰痛のためのストレッチ】

1、椅子に浅く腰かけ背筋を伸ばします。
上体をゆっくりと後ろに倒していき、背もたれに触れる直前で動きを止め、そのまま10秒ほど静止し、その後元に戻します。10回程度行います。
2、床に正座し背筋を伸ばし、肩の力を抜いてそのまま上体を前に倒し両腕を前に伸ばします。床までついたら元に戻ります。これも10回ほど行ってみて下さい。

【股関節と大腿部裏側を伸ばす・骨盤の歪みを正す】

足を前に伸ばして床に座ります。
少しずつ足の間を広げていき、出来るところまで開脚したら上体を前に倒し、10秒間ほどキープします。

ポイントは上体を前に倒す時、背中を伸ばし腰全体から倒すようにすること、両足首をつま先が天井を向くように立てておくことです。

その他、ストレッチなどの体操以外の運動としてはウォーキングが効果的です。
だらだらと歩くのではなく、運動として積極的に歩くようにしましょう。
ウォーキングは骨盤に付着している肉に適度なストレッチ効果を与えます。

また、足からの刺激や体重・重力を感じなることで骨格を鍛えることが出来ます。
脊柱管狭窄症は骨が変性する事も原因の一つであり、ウォーキングは骨格そのものも鍛えることができますので、もってこいの運動と云えます。

水中ウォーキングや水泳、自転車でも効果はありますが、やはり屋外(屋内でマシーンでも良い)で積極的に歩くのがベストです。

脊柱管狭窄症は完治が困難な疾患ですが、自身の生活態度や姿勢の見直しなど努力で悪化を避けることは可能です。

できるだけ早く医師の診察を受けて、適切な治療やアドバイスを受けることが重要です。