腰部脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの両方が原因

腰部脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの両方が原因

腰部脊柱管狭窄症も椎間板ヘルニアもどちらも坐骨神経痛の原因疾患となります。
腰部脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの合併症で、坐骨神経痛の症状を訴える人も多く、症状は深刻なものになることが殆どで、歩行困難になることがあります。

腰部脊柱管狭窄症は、上体を後ろに反らすと腰や足に痛みが走りますが、椎間板ヘルニアの場合は逆で、上体を前屈すると痛みが走ります。
従って、この2つの病気が合併して起こると、上体の前屈、後屈どちらでも痛むことになります。

腰椎椎間板ヘルニアが腰部脊柱管の狭窄をきたしているところに同時に起きてしまうと、神経根は飛び出したヘルニアと狭窄で細くなった脊柱管、厚肥した靱帯に挟まれ圧迫されてしまいます。

神経根が狭窄とヘルニアの両方によって圧迫されるため、身体を伸ばすのも曲げるのも、寝る事も座る事も、歩く事も辛い状態になってしまい、その痛みの強さや症状の辛さは容易に想像できるもので、日常生活が困難な状態になります。

保存療法ではなかなか症状が改善する事が難しく、早い段階で手術が検討されます。
手術は、坐骨神経痛の症状を軽減させるため脊柱管を広げ、飛び出したヘルニアを取り除きます。

手術によってある程度の痛みは改善され、日常生活が送れるようになります。
しかし、手術をしたからといって全てが改善されるわけではなく、下肢の痺れ等は残ることもあります。

手術の必要性や、術後の予後(どの程度回復するか)、合併症についてなど医師から十分に説明を受け、納得した上で手術を受けるようにします。

手術後も再発防止や合併症に注意が必要で、医師の指示に従って治療を続け、日頃の日常生活も腰部に負担がかからないように配慮しなければなりません。

ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症に有効的な治療法は、無理のない程度のストレッチや体操などで背骨を支える筋肉を鍛える運動療法です。

薬物や牽引等の物理治療は一時的には回復したように思われるのですが、持続性はありません。

運動療法によって筋肉を鍛え腰椎の負担を減らす事で、痛みの出ない体に矯正する事が出来るのです。