脊椎管狭窄症の治療にあたって

脊椎管狭窄症の治療にあたって

脊椎管狭窄症は、神経症状が悪化して、歩行困難や排泄障害を起こすようになると、手術に踏み切らなくてはならなくなります。

初期の症状は臀部や足にしびれ等の違和感を自覚する程度で、医師の診断を受けることを保留してしまいがちですが、この初期の症状の時に早めに受診して、適切な治療を受けることが肝要です。

【脊椎管狭窄症の保存療法】

まずは他の腰痛と同じように、痛みを抑えて症状の緩和を図ります。
痛みに対しては消炎鎮痛薬、しびれに対してはビタミンB12製剤、運動機能障害に対しては、血流改善のためのプロスタグランジン製剤が処方されるのが一般的です。

コルセットを使用する場合には、脊椎管狭窄症では、前傾姿勢で狭窄が緩み神経の圧迫を緩和する事から、コルセットは脊椎管狭窄症の患者の為に作られた、前傾姿勢がとれるコルセットが用いられます。

上記の保存治療で痛みが改善されない場合には、「神経ブロック」治療を行います。
患部やその周辺に局所麻酔やステロイド剤を注射することで、痛みをブロックして炎症を緩和させる治療法です。
脊椎管狭窄症の場合は、硬膜外ブロックと神経根ブロックがあります。

【筋肉の強化】

こうした保存療法と併行して筋力強化を行っていきます。
強靭な体幹筋を作ることで腰椎は確実に安定してきます。
個人差はありますが、徹底した筋力強化に取り組むことで、脊椎管狭窄症のしびれや痛みは大幅に改善されるケースが多いのです。

対処療法で痛みを取り除くだけでは、症状の根本的な改善とはなりません。
腰椎にかかる負担を軽減するために筋肉を強化する運動療法こそが、最も確実な脊椎管狭窄症の症状改善の道だといえるでしょう。

【姿勢】

保存療法や、筋力強化で症状が軽快しても、それまでと同じ生活習慣や誤った姿勢で生活していると、再発の可能性は大きいと云えます。
規則正しい生活、食事、を心がけ自身に合った適切な運動を行い、常に健康な筋肉を保つようにしましょう。

又、姿勢については、かかりつけの医者や理学療法士に指導をしてもらい、正しい姿勢を身につけるようにしましょう。
時間がかかるとは思いますが、正しい姿勢を意識しながら生活していけば自然と身についてくるものです。

【続けられる環境を求める】

腰痛の運動療法は、通常整形外科に併設されている運動療法部門などで、理学療法士など専門家の指導のもとで行なっていきます。
痛みがある場合は行わないというのが基本で、運動メニューもプロスポーツ選手が行なっているような、ハードなものは行いません。

筋肉は高齢になっても、取り組んでいけば必ず強化されますので、年齢からいって無理だと諦めるようなものではありません。大事なのは、継続です。

患者自身が気持ち良く運動療法ができるように、例えば現在利用している運動療法部門が自分に合わないという場合は、病院を変える等も検討してみても良いでしょう。

要は継続しでできる環境が必要だという事です。