脊柱管狭窄症の悪化を防ぐには

脊柱管狭窄症の悪化を防ぐには

脊柱管狭窄症は先天性のものなど一部の患者を除き、高齢者に多い疾患です。
脊柱管狭窄症の初期症状は歩いた時に腰や下肢に痛みや痺れを生ずる程度ですが、症状が悪化するにつれ、足腰の痛みや痺れが酷くなり、思うように歩けないばかりか、立ち上がることすら困難になっていきます。(間欠跛行)

さらには、知覚障害や排泄障害といった神経症状が現れてくるようになり、日常の生活が困難になり、そのような場合には手術を勧められることがあります。

高齢者にとって手術はとても負担のかかることで、また手術をしても完全に痛みが無くなるとは限らないのです。

手術にまで至らないようにするには、症状を悪化させないようにしていかなければなりません。

脊柱管狭窄症を防ぐには日常生活を見直し、普段の姿勢を改めることがとても大切です。
脊柱管狭窄症は腰を反らせると脊柱管内が狭まり、中の神経を普段より強く圧迫することになり痛みが増幅します。

普段から腰が反りがちになるようでしたら、顎を引いて背筋を伸ばすようにしてみて下さい。
また、痛みが激しい時は少し前かがみになると、腰部脊柱管の連結部分が広くなって痛みが軽減されて楽になります。

痛みからくる筋肉の緊張は、さらに症状の悪化を招くことになります。
脊柱管狭窄症の慢性期の痛みは、患部周辺の筋肉を暖めることで血流が活性化して、筋肉の緊張をほぐすことが出来ます。
病院での電気治療やホットパックが効果的です。

脊柱管狭窄症の患者さんは歩くことが億劫になると思いますが、歩かないで寝たり座ってばかりいると、脚、腰、おなかの筋肉が衰えてきます。

筋力低下はますますの歩行困難を招き、歩ける距離が短くなっていく可能性があります。脚や腰やおなかの筋肉力をアップさせることが大切です。

歩くことは多少つらいかもわかりませんが、腰を反らさないようにして歩けば、痛みも抑えられますので、頑張って歩いて下さい。

高齢者の方には手押し車を押して歩くと腰が前かがみになり、神経の管が広がるので痛みをさほど感じないで歩けるでしょう。

また、自転車に乗るのも体が前かがみになり、同時に脚の筋肉も鍛えられますので、非常に良い悪化防止法です。

肥満は腰に余計な重力がかかるのと、お腹が出ると体の重心が前の方に移り、腰が反り気味になるので、脊柱管狭窄症にとっても悪い状態です。

肥満解消、腹筋や背筋を鍛えることは、脊柱管狭窄症の悪化を防ぐことにも繋がりますので、継続的に出来るだけ運動することを心掛け、体重を落としつつ筋力をつけることも大切です。