脊柱管狭窄症と姿勢

脊柱管狭窄症と姿勢

脊柱管狭窄症は腰痛の中でも比較的重い病気で、加齢による事が多く主に高齢者を中心に発症しやすくなっています。

椎骨や椎間板、靭帯などが老化によって変性し、神経の通り道である脊柱管が狭窄される事で神経が圧迫をうけ、痛みやしびれなどが下肢に起こるものです。

脊柱管狭窄症は保存治療で痛みの克服はできることが多いのですが、重症化すると歩行困難や排泄障害などが現れるようになると手術を受けることになります。

腰痛全般にいえる事ですが、特に脊柱管狭窄症は保存治療や手術で状態が良くなっても、その後の生活態度によっては、再発したり、別の場所に発症したりすることがあるために、日常生活を大きく見直すことが大切です。

それは不規則な生活が原因となる場合もあるのですが、狭窄症が起こりやすい腰椎や頸椎に負担をかけるような姿勢をしていることも問題になります。

椅子に座るときに腰を深くかけていない、足を組んでいる、椅子と机の高さが悪い、また、立っている時も歩く時も猫背になったりしている、などからトラブルが生まれるのです。

脊柱管狭窄症の治療や手術を受けた後、医師や理学療法士のアドバイスを受けて正しい姿勢を身につけ、普段の生活の中に反映させるようにしましょう。
長い時間同じ姿勢を取り続けないようにすることも必要です。

また、脊柱管狭窄症は、身体の前屈で痛みが緩和され、後屈で痛みが強くなる特徴があります。
日常生活においては背中を反らさないように、寝るときにも腰を反らさないように心がけることが大切になってきます。

カルシュウムを中心に栄養バランスの良い食事を摂ることも大切です。
老化は致し方のない事ですが、老化を遅らせることはできるはずです。

日常生活の中で気を付けるだけで、脊柱管狭窄症を発症するリスクを軽減できますし、予防にも繋がります。

現在、脊柱管狭窄症で悩んでいる方はご自身の生活習慣を見直してみてください。