広範囲脊柱管狭窄症

広範囲脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症は通常、脊柱管が一箇所狭窄してしまって起こる症状ですが、頚椎、胸椎、腰椎、といった脊椎のうちで、2箇所以上でこの狭窄が見られる場合もあり、これを広範囲脊柱管狭窄症と呼びます。

また、この場合に多いものは、頚椎と腰椎で狭窄が同時に発症するケースで、全体の70%を占めています。
腰部と他の部位が同時に悪い体勢でいる為に発症するケースも多のですが、もともと腰が悪く、それが原因で他の脊椎部位を圧迫するような姿勢になることでも発症しやすいものです。

姿勢の悪さの他には、加齢による椎間板や椎間関節の変性、そして先天性の理由なども発症の原因です。
または姿勢の悪さと加齢による衰えが平行して起こることも十分に考えられるのですが、まだ不明なことが多いようです。

脊柱管狭窄症の症状は、通常、歩行困難などの下肢に及ぶ痛みが主ですが、広範囲になりますと、間欠性跛行や膀胱、直腸障害に加えて腕などもしびれを起こすケースが多く、手と足の両方が使えないということになってしまいます。

このような状態では精神的にも脱力感が高く、生活力ということから見るとほぼ寝たきりと同じような状態と言えるでしょう。X線検査、またCTやMRIなどで詳細を診断します。

男女の比率では、男性のほうが約2倍の比率でかかる確率が高く、中年以降(特に60代)に多いようです。

広範脊柱管狭窄症は、生活障害度Ⅱ度以上だと「特別疾患治療研究事業」で、自己負担分の一部もしくは全額を公費で負担してもらえます。軽快者は対象外です。

生活障害Ⅱ度とは「日常生活、通院に部分的な介助が必要な場合」を指し、Ⅲ度とは「日常生活に全面的な介助を必要とし、自分の力だけでは歩行や起立が不能な場合」を指します。