発達性脊柱管狭窄症

発達性脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症には、発達性、つまり先天性のものと、後天性のものがあります。
それぞれ発症する原因が異なるのですが、ほとんどの患者は後天性によるもので、発達性の患者は非常に稀な存在です。

脊柱管狭窄症は背骨の中心にあり神経の通り道である管(脊柱管)が狭くなることによって神経が圧迫され、腰の痛みや下肢の痺れが起こる病気です。

後天性の場合、主に加齢による骨の変形、椎間板の変性、椎骨のすべりなどが原因となっています。

しかし、発達性脊柱管狭窄は、生まれた時から神経の通り道が狭い状態で、成長してからもそのスペースに変化が無い事が多く、通常では影響が無いくらいの骨の変形やずれ込みで簡単に神経が圧迫されてしまいます。

原因は遺伝的なものですから予防することは難しく、そのため発達性の患者は高齢者だけでなく、20代~30代の若い世代に多く見られます。

しかし、スポーツや激しい運動がきっかけとなる事もあるので、腰椎のかかる負担は極力避け、また、筋力の強化に努力することが重要です。

治療方法としては、保存療法を行う場合、投薬療法や神経ブロック注射で痛みを軽減させ
たり、牽引療法で神経の通るスペースを広げる治療を行います。

しかし、根治は手術しかなく、保存療法などは行わずに、早く手術してしまったほうが良いと考える方が多いのも事実です。

手術は殆どの場合で以下の方法で行われます。

「椎弓切除術」は、狭くなった脊柱管を広げるために、椎弓を広範囲にわたって切除する手術です。

広範囲にわたって神経への圧迫を取り除くことができ、脊柱管狭窄症の手術はこの方法で行われることが多くなっています。

「開窓術」は「椎弓切除術」と同じように椎弓を部分的に切除し、窓を開けたような状態にします。

神経を圧迫している部分(椎弓の一部・椎間関節の内側・靭帯)を中心に切除し、それ以外の部分は可能な限り残すようにします。

また、最近では患者さんの身体的な負担を軽くする為に、背中を小さく切開し、そこから患部に内視鏡を挿入し、モニターの画面を見ながら手術を行う「内視鏡手術」も試みられるようになっています。