脊柱管狭窄症の分類

脊柱管狭窄症の分類

主に老化が原因で起こる腰椎の変形、椎間関節や靭帯の肥厚、ならびに椎骨間にある椎間板の変性や膨隆によって、神経の通り道である脊柱管内が狭くなり、馬尾神経、神経根および血管を圧迫あるいは締め付けるようになります。

この為、腰痛、坐骨神経痛、歩行障害を発症することがあり、この状態を腰部脊柱管狭窄症といいます。

脊柱管狭窄症分類としては発生部位と圧迫形態から、中心型と外側型、椎間孔型の3型に分類されます。
また、症状・所見から馬尾型、神経根型、混合型の3型に分類されています。

中心型は、脊柱管の中心部で圧迫を受けるもので、これが馬尾型です。
外側型は、脊柱管の外側で圧迫を受けるもので、神経根型になります。
椎間孔型は、一本一本の神経が出て行く椎間孔というトンネルで圧迫を受けるもので、この場合も神経根型になります。

【馬尾型】

腰の痛みはあまり感じません。
しかし、歩いていると両側下肢に痺れ感、冷感、絞扼感が現れてきて歩けなくなります。

この状態は腰を前屈し、少し休むことでまた歩けるようになり、歩行と休息を繰り返すようになります。これを馬尾型特有の間欠歩行といいます。

また、会陰部に灼熱感を感じるなどの異常感覚があり、排泄障害が起こることがあります。

【神経根型】

症状は、馬尾型ほど深刻ではなく、一般には体の左右どちらかに症状が現れる片側性で、長時間立っていたり歩いていると、腰痛並びに下肢痛が自覚症状として現れてきます。

【混合型】

馬尾型と神経根型との両者の症状をもつもので、両側性と片側性とがあります。

椎間板ヘルニアは、伸脚挙上テスト(一般にはSLR-test)は陽性ですが、脊柱管狭窄症の場合は陰性で、椎間板ヘルニアと鑑別することができます。
その他、レントゲン・MRIの所見なども判断材料となります。