後屈障害型腰痛について

後屈障害型腰痛について

腰痛には、大別すると前にかがむと痛みが増す前屈障害型腰痛と、後ろに反らすと痛い、もしくは痛みがより酷くなる、後屈障害型腰痛があります。

このタイプの腰痛は

・椎間関節障害・・・椎間関節の捻挫、(ぎっくり腰の一つの原因)炎症、
・変形性脊椎症・・・加齢に伴う脊椎の変性が原因
・脊椎分離症・・・スポーツ障害
・脊椎分離すべり症・・・脊椎分離症から発展する事もある
・脊柱管狭窄症・・・下肢痛を伴う腰痛のひとつで加齢が主な要因

などが含まれ、主に年配の人に多く見られる腰痛です。

後屈障害型腰痛の症状は

・腰を後ろに反らすことができない
・腰を後ろに反らすと腰がより痛くなる
・腰痛と共に下肢に痛みやしびれがある

などです。

後屈障害型腰痛の原因として多いのが加齢による変性ですが、疲労や外傷によることもあり、不用意に腰を反らしてしまった、腰をひねる動作をした、などが腰痛のきっかけになることが多くあります。

「変形性脊椎症」や「脊柱管狭窄症」は、まさに加齢によるところが多い疾患です。

年齢とともに椎間板の中心に入っている髄核の水分が少なくなり椎間板が薄くなることから、椎骨間のクッションの能力が低下し、椎骨同士が擦れ合うようになります。

この状態で、過重な力が加わるようになり、椎体に棘のような骨の出っ張りができ、神経を刺激したり、圧迫して腰痛を起こすようになり、これを変形性腰椎症といいます。

腹部脊柱管狭窄症は、椎骨を形成する椎体と椎弓間の脊柱管が加齢などの原因で狭くなり、神経を刺激して腰痛や下肢痛の症状が起こるものです。

神経根を圧迫している時は腰痛程度ですが、馬尾神経を圧迫すると下肢に痛みや痺れを発症し、歩行困難になるなど重症化することが多くなります。

後屈障害型腰痛の治療としては、痛みが強いときは消炎鎮痛剤の服用し、コルセットの装着など行い、痛みがある程度おさまってきたら腰痛体操や、腰部周辺の筋力向上を図ります。

前屈では痛みが緩和されるので、移動は自転車で行う、歩く時はカートを押して歩くと良いとされています。