「腰椎棘突起縦割式椎弓切除術」

「腰椎棘突起縦割式椎弓切除術」

腰部脊柱管狭窄症も、他の整形外科関連の腰痛と同様に手術をしないで保存療法治療が進められます。

しかし、保存療法を続けても症状が軽快しなかったり、排泄障害などの神経症状が強く日常生活に支障をきたしている場合は手術が勧められます。

脊柱管狭窄症に対する椎弓切除術は、多くの脊椎外科医が行ってきた最も一般的な手術手技の一つで予後はおおむね良好でありました。

しかし、この手法は、棘突起から筋肉を剥がして椎弓を露出させて切除しますので、術後に背筋力低下がみられたり、腰痛が軽快しない事がありました。
取り分け、狭窄が多椎体に及んでいる場合は広範囲で骨から筋肉を剥がすことになり、患者さんにとっては大きな負担となっていました。

また、背骨を支える重要な組織である棘突起や背骨の靭帯などを手術によって傷めてしまうことで、術後に脊柱が曲がったり不安定になるなどの合併症が報告されてきました。

これらの組織の温存を図る目的で「腰椎棘突起縦割式椎弓切除術」が行われるようになりました。

この手術法は棘突起を縦割して骨から筋肉をほとんど剥がさないように手術を行いますので、筋肉の損傷が最小限に抑えられ、筋肉に分布する神経や血管の損傷を予防することができます。

さらに皮膚切開も約5cmと小さいので、術後痛は従来の方法に比べて少なく、筋肉の萎縮もほとんどなく、不安定な骨同士をしっかり結びつけますので、手術の翌日から歩行が可能となり、患者さんにとって有益な方法と考えています。

「棘突起縦割椎弓切除術」は神経が全体的に狭窄されている馬尾型、混在型の重症化した脊柱管狭窄症にも有効です。

また狭窄部位が多椎体に及んでいる場合には、顕微鏡下術にすることで切開の大きさも小さくできるというメリットもあります。

「棘突起縦割椎弓切除術」を行った場合の入院期間はおよそ1週間と短く、仕事への復帰も早まります。またこの手術は出血も少ないので、輸血の必要もありません。

腰の骨にずれがある場合や、側弯を伴う場合、また椎間孔狭窄が疑われる場合には脊椎の固定術を追加する場合があります。その場合は入院期間がおよそ2~3週間程度となります。

「棘突起縦割椎弓切除術」を選択するかどうかは医師の判断となりますが、早期に仕事復帰をしたい場合などには良い手術法なので、担当医と相談してみて下さい。