病院、医師の選択

病院、医師の選択

脊柱管狭窄症に限らず、病気の診断を受ける際の病院選びは慎重になると思います。
取り分け、手術の可能性がある場合などは尚更です。

脊柱管狭窄症も勿論患者自身の前向きな気持ちも大切な事ではありますが、医師が治療の結果を左右する事は否めません。

現在、脊柱管狭窄症は、椎間板ヘルニアと並ぶ腰痛の2大原因といわれており、脊柱管狭窄症の名医を見つけることは、腰の執拗な痛みからの解放に繋がるはずです。

脊柱管とは、背骨を構成する椎骨の空間の部分が積み重なってできた管のことです。
加齢による椎間関節や椎間板の変形、筋肉の弱体化、脊椎すべり症などが原因となって脊柱管を狭窄し、中を走行する脊髄神経に障害を与える為に発症するのが脊柱管狭窄症です。

そもそも脊柱管狭窄症は、整形外科の分野になります。
しかし、整形外科といっても脊柱管狭窄症に関してどうであるかが問題で、脊柱管狭窄症の名医を見つけることが重要になると思います。

では、何で判断するかといえば、やはり脊柱管狭窄症における十分な治療実績を持っていることが肝心だと云えます。

腰部脊柱管狭窄症は、神経が圧迫される部位によって症状も違っています。
神経根が圧迫されている場合には比較的症状は軽く、手術に至る可能性は低いのですが、
馬尾神経が圧迫される場合と、神経根、馬尾の療法が圧迫を受ける場合に症状は重篤なことが多いのです。

歩行困難や、排泄障害がみられるような重症の脊柱管狭窄症の場合には手術の対象となりますので、医師、病院の選択には慎重にならざるを得ません。

大きな有名な病院が必ずしも良いとは限りませんが、整形外科学会のホームページなどを診る限り、実績の多い医師がいる事は確かなようです。

経験者の体験談を聞けると良いのですが、最近では多くの病院でホームページなどで治療方針を説明していますので、参考になるかと思います。

医師と直接話をして説明を受け、信頼関係が築けるかどうかの判断をする必要があると思います。