脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症は、骨や靭帯、椎間板などの老化による変性で、脊髄神経を通す空間(脊柱管)が狭くなり、馬尾神経、神経根および血管を圧迫あるいは絞扼することで、座骨神経痛や下肢の痺れあるいは歩行障害を起こす状態です。

「歩いたり立ったりしているときに、痛みやしびれが生じる」という特徴的な症状が現れます。
また、お年寄りに多く見られるのも特徴の一つです。

若いころから腰に負担がかかる職業に携わってきた人や、逆にあまり筋肉を使わずにいたために筋力が低下している人に多く見られます。

脊柱管狭窄症には、「腰、おしりから膝にかけて、体の後ろ側に痛みやしびれがある」という症状や、「しばらく立っていたり歩いていると、脚に鉛が入ったようにだるく、重くなり、時には痛くなる」という特徴的な症状があります。

歩いていると徐々に症状がきつくなり、足が前に出ず歩けなくなりますが、しゃがんで少し休むと、症状が軽くなってまた歩けるようになります(間欠跛行)。 

椎間板が老化によって水分が少なくなり薄くなると、上下の椎骨同士が直接ぶつかり合うようになり、変形します。
背骨(脊柱)の中央には、「脊柱管」があり、変形した椎骨や椎間板が脊柱管のほうへ突出して、中に通っている神経を圧迫します。

また、脊柱管には血管も通っているのですが、脊柱管内の神経はこの血管の血液によって酸素と栄養を供給されています。
脊柱管が狭くなって神経や血管が圧迫されると、十分な血液が神経に送られなくなり、そのため下肢にしびれや重さを感じるようになり、歩行が困難となってしまうのです。

腰を前に曲げると脊柱管の狭窄が緩んでくるので、また血液の循環が良くなり神経も働きを開始するようになります。
脊柱管狭窄症は前傾姿勢になると症状が緩和されて楽になるのは、この為なのです。