狭窄型坐骨神経痛の特徴について

狭窄型坐骨神経痛の特徴について

坐骨神経痛は腰痛、並びに臀部から大腿部、ふくらはぎから足など下肢全体に痛みやしびれが起きる症状をいいます。

坐骨神経は、下肢の運動機能や知覚だけでなく、膀胱や直腸などの排尿や排便の機能をも支配している大きな神経です。

坐骨神経痛が発症するには、色々な原因疾患があり、患者の層も年代を問わず幅広いと言われています。
その中で、特に高齢者の方が発症する坐骨神経痛の原因の大半は、腰部脊柱管狭窄症によるものといわれていて、この坐骨神経痛のことを、狭窄型坐骨神経痛と称しています。

椎骨が繋がって脊柱管と呼ばれる管ができているのですが、その組織が様々な要素によって狭くなってしまい、その結果、脊柱管の中を走る神経が障害を受けてしまう事から起こる神経痛なのです。

狭窄型坐骨神経痛が軽度の時点では、臀部や下肢などに軽い痛みや麻痺症状を感じる程度なのですが、この狭窄が徐々に進行してしまい、神経が更なる圧迫を受けるようになると、足の痺れが激しくなり、痛みが増幅してしまいます。

最終的には、歩行困難や排泄障害が現れてくるようになり、日常生活が困難な症状に見舞われるようになります。

歩行困難というのは「間欠跛行」というもので、歩くと痛みが増し歩けなくなるが、腰を丸めて少し休むと痛みが引くという症状です。
酷くなると歩ける距離がだんだんと短くなります。

排泄障害についていうならば、実は、坐骨神経は、私たち人間の排尿や直腸をコントロールしている神経でもある為、この坐骨神経が圧迫されることによって、様々な排泄に関する症状が現れるのです。

また、狭窄型の坐骨神経痛では、上体を後ろにそらしたときに痛みやしびれが強くなる、という特徴があります。

狭窄型坐骨神経痛の疑いがある場合には早期の治療を受けることがとても重要になります。
この疾患に関してはいくつかの治療法があり、手術をしないで治療を進める保存療法が行われる場合が多いのです。

しかし、治療が遅れて、歩行障害や排泄障害などが現れてくると、手術が検討されるようになります。

手術はあくまでも最終的な手段として行われる事が多く、事前に薬物療法を初め、装具療法や運動療法(理学療法)神経ブロック療法などの具体的な治療が行われたものの結果的に効果がなかった場合に施される事が殆どです。

ただ排尿障害は、その原因が坐骨神経痛ではなく女性なら老化によって、男性なら前立腺肥大症によるものの場合があり、鑑別が必要です。