脊柱管狭窄症:靭帯骨化も一つの原因

脊柱管狭窄症:靭帯骨化も一つの原因

背骨には脊柱管と呼ばれる管があり、ここには脳と繋がる脊髄組織神経が通っています。

腰部脊柱管狭窄症とは、この神経の通り道となる脊柱管が色々な要因で狭くなり、神経に刺激や圧迫が加わり、痛みや痺れなどの症状を発症するものです。

狭窄される原因のうち、内部的な要因で考えられるのは、脊柱管内の靭帯が骨化することです。
一般的に脊柱靭帯骨化症と呼ばれていて、他にも後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症、前縦靭帯骨化症と呼ばれることがあります。

脊柱管の内壁を構成する主要靭帯は後縦靭帯と黄色靭帯ですが、脊椎の前側には前縦靭帯もあります。

これらの靭帯の骨化はおもに高齢者に多く、もっとも問題となるのが後縦靭帯骨化です。
後縦靭帯とは、脊椎椎体の後縁を上下に連結し、脊柱を縦走しています。

後縦靭帯骨化症は、その後縦靭帯が加齢などによって骨化し増大した結果、脊髄の入っている脊柱管を狭窄し、脊髄から分枝する神経根や馬尾神経を圧迫することから、知覚障害や運動障害等の神経障害を引き起こす病気です。

後縦靭帯骨化症は難病に指定される脊椎疾患で、骨化した部分に外部から強い衝撃を受けると、症状が一気に悪化することがあり、要注意です。

この病気は、遺伝的素因、性ホルモンの異常、カルシウム・ビタミンDの代謝異常、糖尿病、肥満、老化、などのような複数の要因が関与して発病すると考えられています。
特に家族内発症が多いことから遺伝的素因が有力視されていますが、特定には至っていません。

脊柱管狭窄症の原因が脊柱靭帯骨化症の場合は、麻痺が強くあらわれるようになり、初期の症状で手足のしびれや作動の悪さを自覚するようになり、外部要因による脊柱管狭窄症とはまた違った症状が加わることになります。

腰痛や下肢のしびれといった脊柱管狭窄症の典型的な症状に、歩行障害や膀胱直腸障害があらわれるようになると、症状が進行しているとみられ危険な状態といえます。
これらの異常を認知したら、早めに診断を受けて治療しなければなりません。