椎間板ヘルニアと共に多い腰痛に原因:腰部脊柱管狭窄症

椎間板ヘルニアと共に多い腰痛に原因:腰部脊柱管狭窄症

比較的高年齢の方で、身体を後ろに反らすと激しい腰痛に襲われたり、下肢にしびれを感じて長い距離が歩きづらくなったりしたら、腰部脊柱管狭窄症を疑ってみる必要があります。

馬尾神経が走っている腰部の「脊柱管」の後方を構成している関節や靭帯は、加齢とともに変性し、力が弱くなったり肥厚することがあります。

また前方を構成している椎間板も変性に因って厚みが薄くなった分だけ突出してくる事になります。

それらが、脊柱管に収められている馬尾神経や神経根を慢性的に圧迫するようになり、腰部や下肢に痛みが出てくる事になります。

いまや腰部脊柱管狭窄症は、椎間板ヘルニアと並んで腰痛の原因となる二大疾病といえます。
しかし、椎間板ヘルニアと大きく異なるのは、腰部脊柱管狭窄症は加齢とともに発症し、主に50歳代後半の方に多く、椎間板ヘルニアは比較的若い30歳代~40歳代の方に多くみられるという事です。

腰部脊柱管狭窄症は、
(1)脊柱管の中心部にある神経の束(馬尾)が圧迫を受ける「中心型」(馬尾型)
(2)脊柱管の外側で圧迫を受ける「外側型(がいそくがた)」
(3)脊柱管から神経が出て行く椎間孔という穴のあたりで圧迫を受ける「椎間孔部型」

の3つのタイプに分類されます。

馬尾型では、馬尾神経が障害を受けており、膀胱や直腸に異常が現れ排尿・排便障害や、間欠破行が起こることもあり、このような症状を伴うときには手術の対象となります。
(2)(3)は神経根が障害を受けているため、馬尾型ほど激しい症状にはならず、下肢痛を主とする神経根症状が出現します。

 腰部脊柱管狭窄症では立っている時、歩いている時に一般に前かがみの姿勢をすると神経の圧迫がとれて下肢痛が楽になることが多いのですが、椎間孔部型では安静にしていても強い痛みが起こることがしばしばあります。

これら腰部脊柱管狭窄症の症状が思い当たる人は、脊椎専門の整形外科を受診し、自分がどのタイプなのかきちんと診断してもらう必要があります。

さらに、腰痛や下肢痛の原因が、血管障害や悪性腫瘍、化膿性脊椎炎などの重大な病気の場合もあるので、そのような病気を早期発見するためにも、腰痛や下肢痛に悩んでいる方は早めに受診することをお勧めします。