脊柱管狭窄症:痛みを緩和するには

脊柱管狭窄症:痛みを緩和するには

脊柱管狭窄症を発症している人は、坐骨神経痛など痛みやしびれを感じながら日常生活を送らなければならず、辛いことも多いと思います。

治療は保存療法で進められ、主に痛みを緩和するための薬物服用や、運動によって腹筋・背筋を鍛えて、腰椎にかかる負担を軽くするような治療法が行われます。

脊柱管狭窄症の痛みを緩和するためには、保存療法の他に普段の姿勢に気を付け、自分に合った適切な運動を行う、肥満の改善及び予防をするなどということも重要になります。

脊柱管狭窄症の場合、前かがみの姿勢では痛みは和らぐのですが、背中を反らせた時に痛みを感じることが多くなります。
そのため、普段の姿勢は、なるべく前かがみの状態で居る様にすると痛みから少し解放されるようになります。

たとえば、シルバーカー(手押し車)や杖を使用して歩くと、前傾姿勢になるので痛みが和らぎます。
自転車にのれる方は、近距離の移動はなるべく自転車で行いましょう。

何もない状態では、前傾姿勢はとりにくいものなどでこういったものを使用しながら、意識をして前かがみの姿勢を保つようにしましょう。

また、急性期で痛みがある場合は安静することも大切ですが、医師から適度に運動した方が良いという指示があれば、無理のない程度に運動をするようにしましょう。

安静を続けていると筋力が衰えてきますので、かえって逆効果となります。
睡眠する時、あおむけの状態で寝る場合には、背中を伸ばした状態になると痛みを感じるかと思いますので、膝を立て、下にバスタオルを丸めて置くようにして、膝が曲がった状態にして下さい。

このような、身近のちょっとした事に意識を払って、腰を反らさないように日常生活を送ることも、痛みを緩和する上で大切です。