脊柱管狭窄症と運動治療

脊柱管狭窄症と運動治療

背骨には脊柱管があり、重要な神経が通っています。
腰部の脊柱管が何かの要因で狭くなり、中を走っている神経を圧迫し、神経組織の血流障害が起こることで発症するのが腰部脊柱管狭窄症です。

つまり、狭窄を起こしている部位の脊柱管を広げることが、脊柱管狭窄症の根本的な治療につながるのです。
その為には手術が有効な手段と考えられますが、症状がそれほど激しくない場合には手術を回避し、リハビリなどで痛みを取り除いていく保存療法で治療をします。

脊柱管狭窄症の為に行われる運動治療は、解剖学的、生命力学的観点で脊柱管を拡大するように計画されたリハビリプログラムで、 具体的にいうと、主に腹筋、背筋、殿筋、ハムストリングなどの腰椎屈筋によって筋力を増強するトレーニングです。

運動療法を始める前に、まず腰痛の症状を正確に診断する必要があります。
腰痛の発生した時期や、疾患の病期にあわせてリハビリメニューを作ります。

さらに治療経過の中で、症状の変化に応じて運動療法の見直し、変更、追加などが必要になりますので、その都度対処することになります。

脊柱管狭窄症は筋肉の疲労が原因となっていることも多く、ストレッチなどの運動を取り入れ筋力の回復も図っていきます。

運動療法は原因に直結した治療に近く、効果も持続性があります。
しかし、根本的な治療ではないので、これらのリハビリは継続して行う必要があります。

脊柱管狭窄症は、老化による事が多いため、再発の可能性が高い疾患です。
日頃から姿勢に気をつけ、なるべく腰椎に負担のかからないように、意識して生活をする事が大切です。