脊柱管狭窄症の治療をするには

脊柱管狭窄症の治療をするには

脊柱管狭窄症の治療で病院を選ぶのは、他の病気同様色々なことを考えると、なかなか難しいことです。

腰痛があるものの、脊柱管狭窄症かどうかの判断が出来ていない場合には、やはり最初はレントゲン検査やMRI検査など色々な検査ができる病院の整形外科を選ぶことが必要でしょう。

また、脊柱管狭窄症の症状が深刻で手術の検討も視野に入っているならば、脊椎専門医で十分な手術経験を持つ医師がいる病院を選ぶことが重要です。

近年では各病院ではホームページで詳細を紹介していることが多く、また、日本整形外科学会のホームページには各分野に精通した医師や病院も発表していますので、参考にしても良いでしょう。

また、脊柱管狭窄症の治療には、病院での治療のほか、「鍼灸」「カイロプラクティック」などの代替医療で治療を希望される方もいらっしゃいます。

「鍼灸」は国家資格が必要ですが、「カイロプラクティック」では国家資格はなくても治療にあたることはできます

ちゃんとした知識と経験を持っていればよいのですが、特に国家資格が必要でない場合には、施術者の良し悪しをどのように判断するかが難しくなります。

代替治療院でも治療改善の一環として姿勢に対するアドバイス、セルフエクササイズまで指導してくれるところであれば、安心材料の一つかもしれません。

でも、これらの治療院の場合、プロフェッショナルな施術者から、まったく医学的知識を持たず行っている者も存在している事も事実です。

病院も同様ですが、資格や肩書きだけで判断しないで今までの治療実績、実際に行った人の評価や口コミなどを参考に選ぶようにしましょう。

さらに、脊柱管狭窄症について、きちんとした医学的な根拠、解剖学的根拠からわかりやすく説明をするかどうかも判断基準になります。

いずれにしても1つの病院や治療院に決めつけず、自身が納得できて安心して治療できる場所を探すことが重要です。