脊柱管内の神経

脊柱管内の神経

ここ数年、腰痛で注目を集めている疾患が脊柱管狭窄症で、有名男性タレントが手術を受けたことで知られるようになりました。
高齢者の男性に多く、50才代から増え始める傾向にあります。

脊柱管とは背骨にあって、人にとってとても重要な脊髄神経が通っている管です。
その「脊柱管」が狭くなり、中の神経が絞扼されることで腰痛や歩行障害などが起こる疾患を脊柱管狭窄症といいます。

脊柱は椎骨が積み重なってできているものですが、椎骨はお腹側の円柱状の「椎体」と、背中側に張り出している「椎弓」とで構成されています。
椎体と椎弓の間には円形の空間があり、椎骨が積み重なることでできる管状の空間が「脊柱管」なのです。

脊柱管の中には脊髄神経が走っているのですが、第一腰椎のあたりから下の脊柱管には「馬尾(ばび)」と呼ばれる神経の束にとって代わります。

この馬尾神経の束には坐骨神経もあり、馬尾から分かれた坐骨神経は、脊柱管から出て脚のほうに伸びていきます。
馬尾神経が障害を受けると歩行障害(間欠性跛行)を起こすのはこの為です。

脊柱管狭窄症はこの脊柱管が何らかの要因で狭くなる病気のことで、特に高齢者に多いのは、老化に伴う椎間関節や椎間板の変性に加えて、椎体が前方にずれる「脊椎すべり症」などを発症しやすくなるからです。

脊柱管狭窄症は、圧迫される神経の部位によって症状が違ってきます。
馬尾が圧迫される「馬尾型」、神経根が圧迫される「神経根型」、両方が圧迫される「混合型」に分かれます。

馬尾神経が圧迫を受けると前述のように歩行障害が現れるほかに、排尿・排便障害もあらわれる事があります。

馬尾神経が圧迫を受けた場合は、神経根のみの圧迫よりも重症になることが多く、手術が必要になることがあります。
また、神経が圧迫されることで排泄障害や感覚障害が起こることもまれにあります。