脊柱管狭窄症でも片側腰痛がある

脊柱管狭窄症でも片側腰痛がある

腰の右側だけに痛みがある場合があります。
右側腰痛ともいわれますが、この症状は椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、背骨の歪み、脊柱管狭窄、骨粗鬆症などが原因と考えられます。
片側だけ腰が痛くなる原因は、片方の神経根が圧迫されていることが多いのです。

たとえば、椎間板ヘルニアの場合、髄核が飛び出す方向によって圧迫される神経の場所が異なりますが、髄核が右側に偏っていることが考えられます。
その髄核が脊柱管を狭窄している要因ともなることがあります。

右側(片側)の腰だけが痛い症状は珍しくなく、神経根が障害を受けた場合に多くみられ、馬尾神経が障害を受けた時ほど症状は重くありません。

このような腰痛の場合は、まずは安静するのが一番です。
もし我慢できないほどの腰痛でも、先ずは安静にして、痛みが少し治まってから病院に行って診断を受けるようにしましょう。
痛いのは右側だけだから大丈夫だろうと安易に考えることは危険です。

また症状が軽い時点では自分も対策を講じることができます。
座った時の姿勢には十分気をつけることが大事で、左右どちらかに傾いたり、足を組んだりしないようにすることが必要です。

脊柱管狭窄症の場合、重症化すると日常生活が困難となり、手術が必要となる事もありますので、軽症の時に医師の診断を受け早めの対処をする事が肝心です。