急性期における対処の重要性

急性期における対処の重要性

脊柱管狭窄症は脊髄神経・馬尾神経などが走っている脊柱管という管が、何らかの原因で狭くなり、中の神経を圧迫することで腰痛や下肢のしびれを引き起こす腰痛症です。

脊柱管狭窄症も、急性期や初期にみられる症状は、他の腰痛症である椎間板ヘルニアや腰椎すべり症などと大きく変わることはありません。

腰痛に加えて脚のしびれが続きなんともいえないだるさも伴います。
安静を続けていれば、やがて痛みが徐々に引いてはきますが、急性期の強い痛みは薬物や湿布などで取り除くことが先決となります。

痛みを取り除くだけでは根本的な治療にはならないとか、薬には副作用がある等として、整形外科での急性期の治療に否定的な意見もありますが、基本的に痛みは体にとって有害なものですから、まずは痛みを取り除くため積極的に薬を使うことは有効な手段といえるのです。

飲み薬としては炎症を抑えるための鎮痛消炎剤や血流を良くするための血管拡張剤を使用するほか、筋肉の緊張が痛みの原因であると考えられる場合は、筋肉弛緩剤を処方します。

これらの薬を服用しても、痛みが軽減されなければブロック注射を行います。
注射は患部に、炎症をおさえるステロイド剤と麻酔剤をまぜた薬液を注射します。
注射は飲み薬のような副作用の心配が少ない事が利点といえます。

強い痛みが続くことは体にとって相当なダメージで、体そのものを弱らせてしまい、軽快に向かうまでの時間も余計にかかってしまいますので、先ずは薬によって痛みを軽減していきます。

痛みを取り除いて、次の段階である機能回復にできるだけ早く移行することが悪化の防止になり、脊柱管狭窄症であれば間欠跛行を予防することになるのです。

腰痛はいつまでも体を動かさないでいると、筋肉が機能しなくなり、かえって悪化してしまいます。

機能回復も先ずは簡単にできて、身体に大きな負担のかからない程度の体操などから始めます。
体が慣れてくるとストレッチ運動を取り入れていきます。
特に腰椎周辺の筋力をつけることが再発予防になります。

早めに痛みを取り除き、筋力トレーニングなどで日常生活動作が行えるレベルに持っていくことが大事なのです。