脊椎管狭窄症の症状改善策

脊椎管狭窄症の症状改善策

【脊椎管狭窄症の保存療法】

脊椎管狭窄症の場合、歩行障害や排泄障害のような神経症状が酷くない場合には、まず対処療法的に痛みを抑えて症状の緩和を優先させるための保存療法を行います。

保存療法は、腰部脊柱管が狭窄してしまった患部を維持しながら外部から働きかける方法で、まず始めに薬を用いるケースが多くなっています。

脊椎管狭窄症の薬物は、痛みの緩和の為の消炎鎮痛薬、しびれに対してはビタミンB12製剤、歩行障害に対しては、血流改善のためにプロスタグランジン製剤が使用されるのが一般的です。

脊椎管狭窄症では、前傾姿勢をとることで脊柱管の狭窄が少し回避されることからコルセットを使用する際には、前傾姿勢を誘導する脊椎管狭窄症用のコルセットを使用します。

安静、薬物、コルセット装着などでも痛みや痺れの状況があまり改善されない場合には、
「神経ブロック注射」を行う場合があります。

これは患部に局所麻酔やステロイド剤を注射することで、脳に伝わる痛みの信号をブロックして炎症を緩和させる治療法です。
脊椎管狭窄症の場合は、硬膜外ブロックと神経根ブロックがあります。

【筋肉の強化がポイント】

保存療法で痛みが緩和されてくると、次は筋力強化を行います。
強靭な体幹筋を形成することで、腰椎の安定を図ります。
また、腰椎周辺に筋肉のコルセットを作ることで、腰椎にかかる負荷を大きく軽減できることになります。

対処療法で痛みを取り除いても、症状の根本的な改善とはならず、痛みはすぐに再発してしまいます。
筋肉強化に取り組むことが、最も確実な脊椎管狭窄症の症状改善の道だといえるでしょう。

【継続可能な運動と環境】

筋力強化は、通常整形外科に併設されているリハビリ部門などで、理学療法士や専門家の指導のもとで行なっていきますが、器具を必要としないものであれば、病院で指導を受けた後に家庭でも続けて行う事が出来ます。

運動療法は、患部に痛みがある場合には原則として行いません。また、脊柱管狭窄症が高齢者に多い疾患であり、ハードな運動はできません。

専門家の指導の下で、高齢者はストレッチなどあまり体に負担のかからないものを運動療法として取り入れるようになるでしょう。

高齢者のできる簡単な運動であっても、継続的に取り組んでいけば必ず筋肉は強化されますので、「年だから無理」といって諦めてはいけません。

大切な事は、継続する事なのです。
無理な運動は継続不可能です。自分に合ったペースで自分に合った運動をする事が大切です。

指導スタッフが自分に合わない・・・と感じるようであれば病院を変える選択もあってよいと思います。