高齢者の腰椎変性疾患手術について

高齢者の腰椎変性疾患手術について

脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアの原因は、加齢に伴って椎間板や椎骨が変性(形)であることが多く、高齢になるほど発症する確率が高くなる疾患です。

しかしながら、高齢者になると手術ができない状況にある事が多く、対症療法や保存療法で痛みを緩和しながらの生活になり、行動が制限されてしまう事があります。

手術が可能であるとしても、高齢者にとっての手術は身体に与える負担が大きく、手術後の入院期間が長くなったり、その間に合併症を引き起こす危険性も増加する事も考えられます。

MD法という顕微鏡を用いた手術法は、わずか2cm以下程度の切開しか行わないので、手術時間、出血、痛みが少なく、高齢者の身体にも負担をかけない手術方法といわれています。

椎間板ヘルニアであれば、多くは症状の原因となっている部位が1ヶ所ですから、この小侵襲の手術で対処できることが多いのです。

しかし、脊柱管狭窄症であれば、症状の原因になっている部位で、今は症状がなくても変形が高度になっている部位が多数ある場合が少なくないのです。

そのような場合、1回の手術でその部分は良くなっても、しばらくして違う部位が原因でまた症状がでることもあり、手術を繰り返すようになる可能性もあります。

高齢者になっても歩き回れて活動できる生活を送りたいもので、その為には若いうちから日常生活において腰にかかる負担を極力減らし、適度な運動と栄養バランスの良い正しい食生活送るように心がけなくてはなりません。