腰部脊柱管狭窄症の手術の限界

腰部脊柱管狭窄症の手術の限界

腰部脊柱管狭窄症では、馬尾神経が障害を受けた場合には症状は重篤となり、排泄障害や歩行障害が現れて、日常生活が困難になる場合があり手術が必要になってきます

腰部脊柱管狭窄症は手術で完治するか?というとそうでもなく、痺れなどはなかなか取れない事があります。

また100%安全かというとそうでもなく、手術後に軽いものから重いものまで神経系の障害が現れるケースもあるのです。

ただ、日常生活が困難になった場合には手術の選択は止むを得ない事ですので、そこはドクターを信頼すると共に、手術をすることで何が改善され、また、どのようなリスクがあるのか?について、ドクターに説明してもらい、深く理解し、検討することが必要です。

手術の限界

腰部脊柱管狭窄症の手術において、手術をして改善されやすいものとされにくいものがあります。
歩行や立ったときの姿勢などのよって生じる坐骨神経痛の痛みは手術をする事でなくなることが多いのですが、痺れは手術をしても残ることが多々あります。

手術では椎間関節や黄色靱帯の肥厚により圧迫を受けている脊髄神経の減圧を行います。

脊髄を減圧することにより、
1、現在ある神経症状の改善
2、今後における神経症状の悪化予防
を目的とします。

手術療法は脊髄神経を圧迫から解放する為に減圧を目的としたものであり、すでに損傷を受けている機能を完全に回復させることは不可能であると理解する必要があります。
その上で、手術を受けるかどうかを決断して下さい。

神経症状回復に影響を及ぼすことは
1、神経症状の重症度
2、脊柱管狭窄症の症状が出てからの経過期間
3、画像所見(多発病変、脊髄神経圧迫の程度など)
などがあります。

罹病期間が長く術前神経症状が重篤な場合、また画像上脊髄の圧迫が強く、狭窄が1か所でなく多椎間にわたって脊髄が圧迫されている場合には、術後神経症状の回復には限界があります。