手術回避

手術回避

脊柱管狭窄症は、脊柱管内の神経が圧迫を受ける事で発症するものですが、障害を受ける場所によっては、排泄障害や歩行障害を引き起こしてしまうことがあります。

日常生活が困難になると手術に踏み切らなくてはならなくなりますので、臀部や足にしびれ等の違和感を自覚しているようであれば、早めに医師の診断を受けることが肝要です。

脊椎管狭窄症の場合も治療は他の腰痛と同じように、まずは痛みを抑えて症状の緩和を図ります。

脊椎管狭窄症の使用される薬物には、

・痛みの緩和・・・消炎鎮痛薬
・しびれに対・・・ビタミンB12製剤
・歩行障害・・・血流改善のためにプロスタグランジン製剤

などの使用が一般的です。

脊椎管狭窄症では、前傾姿勢をとることで脊柱管内の空間が広がり神経を圧迫しないことから、コルセットは前かがみになるような脊椎管狭窄症用のコルセットが用いられます。

通常の薬物で痛みがおさまらない場合には「神経ブロック」が採用されます。
これは、局所麻酔やステロイド剤を患部に注射をすることで、痛みのサインが脳に伝わることをブロックして炎症を緩和させる治療法です。
脊椎管狭窄症の場合は、硬膜外ブロックと神経根ブロックがあります。

痛みが緩和したら次に指導されるのが筋力強化です。
筋肉はバランスよく鍛える必要がありますが、脊椎管狭窄症の場合は特に腰椎周辺の筋肉を強化する必要があります。

強靭な体幹筋が形成されることで、腰椎は確実に安定してきますので、個人差はあるものの脊椎管狭窄症のしびれや痛みは大幅に改善されるようになります。

薬物などで痛みを取り除くだけでは、一時的な症状の改善のみで効果が持続するものではありません。
筋肉強化のための運動療法こそが、最も確実な脊椎管狭窄症の症状改善の道だといえると思われます。

筋力強化のためのリハビリテーションは、通常整形外科に併設されている運動療法部門などで、理学療法士などの指導の下で行なっていきます。

指導された運動療法を自宅で続けていくことは可能ですが、痛みがある場合は行ってはいけません。
少しでも痛みを感じるようであればストップして医師や理学療法士に伝えましょう。

筋力強化は高齢になっても、取り組んだ分は必ず効果が出ます。
高齢者に見合った筋力強化の方法があり、年だから・・・といって無理だと諦めるようなものではありません。

重要なことは、少しでも良いので続けることです。
無理なことは持続不可能となりますので、自分に合った持続可能な方法で筋力強化に努め、手術は回避するようにしましょう。