腰部脊柱管狭窄症:進行を遅らせるためには

腰部脊柱管狭窄症:進行を遅らせるためには

下肢のしびれが症状となって現れる病気に、腰部脊柱管狭窄症があります。
脊柱とは、椎骨が連結して柱状になった背骨の事で、脊柱の中心にはトンネル状の管がありこれを脊柱管といいます。

脊柱管の中には脊髄神経や、腰椎のあたりからは神経根、馬尾神経が走っていて、脊柱は身体を支える柱であり、また、神経を保護するという大切な役割を果たしています。

腰部脊柱管狭窄症とは、何らかの原因で腰部の脊柱管内が狭くなって、中の神経を圧迫してしまう事で症状がでる疾患です。

椎骨や椎間板、靭帯などの加齢変性が原因で脊柱管が狭くなることが考えられ、中高年に多く発症する病気だと言われています。

腰部脊柱管狭窄症に特徴的な症状「間欠跛行」があります。
歩いているうちに足のしびれや痛みが出てきて歩くのが困難なほどになるものの、前かがみになって休むと歩けるようになるという状態です。

馬尾神経が障害を受けると、この「間欠跛行」が現れ、重症化することが多いといわれ、排泄障害なども現れてくるようになります。

神経根が圧迫された場合には、馬尾神経が障害を受ける場合よりも症状は軽く、腰から足にかけてのしびれや痛みが現れます。
左右どちらかの神経根だけが圧迫されると、圧迫された側にしびれや痛みの症状が出ます。
神経根と馬尾の両方が圧迫される場合もあります。

高齢者に多い疾患とはいえ、年齢のせいと諦めてしまうのは良くありません。
意識の持ち方や努力で、症状の進行を遅らせることができます。

例えば、症状が軽い場合は日頃からの姿勢に注意し、年齢や生活環境にあった適度な運動を取り入れる事、肥満の予防と改善などを心がけます。

腰部脊柱管狭窄症では、前かがみの姿勢で症状が緩和されるので、背中をそらさないように注意し、できるならば、近くの移動は自転車で行い、歩く場合にも杖やシルバーカーを使って、前かがみの姿勢を保つようにします。

寝る時は仰向けだと腰がそってしまいますので、バスタオルなど膝の下に入れて寝るようするといいでしょう。