「脊柱管」が狭窄する原因

「脊柱管」が狭窄する原因

「背骨」は複雑な形をしています
人の背骨は「椎骨」という24個の骨が繋がってできています。
椎骨は大きくわけて、前の部分(お腹側)と後ろの部分(背中側)に分かれます。

腹部側は楕円形の形をしていて、積み重なると円柱形になります。
椎骨の背中側は立体的に見ると複雑な形をしていますが、腹部側と背中側を合わせるとトンネルが出来、これが「脊柱管」であり中を脊髄神経が走っています。

この神経は椎骨と椎骨の間から枝を出し、体のいろいろなところに存在しながら、腰椎骨まで走っています。

中年以降になると加齢現象で、椎骨自体に棘突起ができたり、もろくなったりしてズレを生じるようになり、脊柱管を狭くするようになります。

また椎骨と椎骨の間の椎間板も変性すると水分が少なくなり弾力性を失います。
つぶれて形を変えた椎間板がトンネルのほうに突き出してくるようになり、脊柱管を狭窄するようになります。

その他、椎骨と椎骨を繋ぎ脊椎を強靭なものにしている「靭帯」が加齢により変性して厚肥する事も脊柱管を狭窄する原因となります。

このようなことが主な原因で、脊柱管の空間が狭くなり、中を走行している脊髄神経を圧迫するようになり、痛みや痺れなどの症状が出てくるのです。
これが「脊柱管狭窄症」なのです。

病院で診断を受けたら、椎間板ヘルニアでもあり、脊柱管狭窄症でもあるといわれることがあります。
これは、脊柱管狭窄症の原因が椎間板ヘルニアによる障害であった事からで、両方の病名が正しいということになります。

脊椎の下の5個を腰椎といいます。
上半身の重力は下に行くほど大きくなるので、第4腰椎、第5腰椎に負担が大きくかかり、このあたりで障害を受けることが多くなります。

脊髄神経は第1腰椎のあたりから馬尾神経となり体の末梢部分まで走行するようになります。

第4腰椎、第5腰椎あたりの脊柱管の狭窄により、馬尾神経が障害を受けると症状は重症化することが多くなります。