脊柱管狭窄症をセルフチェック

脊柱管狭窄症をセルフチェック

脊柱管狭窄症は高齢者に多くみられる疾患です。
もしかして脊柱管狭窄症ではないかな・・・と思うようであれば、出ている症状をチェックしてみましょう。

脊柱管狭窄症は、頚椎にも起こる可能性がありますが、ここでは腰に出る症状について考えてみたいと思います。

狭窄が起こっている部位によって、症状に違いが出る場合がありますが、

・腰痛がある
・脚に力が入らなくなり、スリッパが脱げやすい
・歩いていると下肢に痛みや張り、しびれが出て、休みながらでないと歩けない
・歩いていると足が前に出なくなる
・前かがみになると楽になる
・仰向けで寝るとしびれが出てくる
・腰を後ろへ反らせない
・午後から脱力感がある

などのような症状が一般的ですが、馬尾神経が障害を受けている場合には、肛門周囲のしびれ、排便、排尿のコントロールに異常をきたします。

そのような症状が現れてきたら脊柱管狭窄症のとても危険な状態であり、場合によっては保存療法ではなく、直ちに手術を勧められる場合もあります。

その他、臀部から下肢へのひきつれた感覚やチリチリ、ジリジリする不快感がある、足の裏にも痺れがあり、触っても直接触られている感じがしないという症状も出てきます。

最もわかりやすい症状は、前傾姿勢で痛みが緩和され、身体を後屈することによって痛みが増幅するという事です。

高齢者でこのような症状がある方は早急に診断を受けて下さい。
前述のように重症化すると手術は避けられなくなります。

高齢者は、「歳のせい」と考えたり、周囲に対する遠慮から病院での診断が遅れがちになりますので、周りにいる方の充分な配意も必要となってきます。