狭窄型坐骨神経痛の特徴について

狭窄型坐骨神経痛の特徴について

坐骨神経痛は腰痛と共に臀部や下肢全体に痛みやしびれの症状が現れてきます。
高齢者の中には慢性的になっているこの痛みに、日々悩まされている方も多いのではないでしょうか。

通常、痛みは外傷などのある部分で発生すると思われますが、坐骨神経痛では足が痛むからと言ってその部分に炎症が起きているわけではありません。

坐骨神経は、下肢の運動機能や知覚だけでなく、膀胱や直腸などの排尿や排便の機能をも支配しる、人間の体の中で一番太く長い神経です。

そのため、腰部脊柱管狭窄症などで、腰椎周辺で坐骨神経が障害を受けると、その神経が走っているお尻から下肢にかけて痛みやしびれを感じるようになるのです。

病院で検査をし、何が原因で坐骨神経が障害を受けているのかを知ることで、間違いのない治療に取り組むことができます。

高齢者の坐骨神経痛の原因として多いのが、腰部脊柱管狭窄症によるものです。
狭窄型の坐骨神経痛では、上体を後ろにそらしたときに痛みやしびれが強くなり、前にかがむ事で痛みが和らぐという特徴があります。

また軽症のうちは太ももや足に痛みやしびれを感じる程度なのですが、坐骨神経痛の症状が進むと、間欠跛行(歩いているうちに足の痛みが強くなって歩けなくなる)や、排泄障害が出るようになります。

しかし、排尿障害は女性なら老化によって、男性なら前立腺肥大症によって起こることがあり、見極めが必要です。

適切な治療を受けるためにも、自分で原因を決めつけることなく、整形外科か泌尿器科を受診してくださいね。