ロコモティブシンドロームの原因「脊柱管狭窄症」

ロコモティブシンドロームの原因「脊柱管狭窄症」

最近になって話題に上っている言葉で、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)があります。

ロコモティブは、運動器(locomotive organs)の意味ですが、医学関係では人間の身体の首から下の内臓を除いた、「骨」「関節」「筋肉」「神経」など体の運動を司る部分をさします。

これらの運動器が、加齢や運動不足、体の機能の障害などにより機能が低下して、「要介護」や「寝たきり」などの危険が高くなる状態のことをロコモティブシンドローム(ロコモ)といいます。

体を動かすために、運動器は相互に関連しながら働いていますので、運動器のどれか一つが機能不全に陥ると、歯車が狂い体をうまくコントロールして動かすことができなくなります。

更に、高齢になるとバランスをとる能力も低下しますので、転倒などの危険が高まることから、外出を避けひきこもることが多くなり、運動不足が相まって「要介護」や「寝たきり」になってしまうおそれが出てきます。

これを避けるためには、腰やひざの痛み、加齢によるバランス能力や筋力の低下などの症状が現れた早い段階から「ロコモティブシンドローム」としてとらえ、対策を行うことが重要です。

ロコモの大きな原因として、脊髄、馬尾神経、神経根に障害を与える脊柱管狭窄症があります。
その他、骨の密度が低下して骨折しやすくなる「骨粗鬆症」や、ひざの関節軟膏がすり減る「変形性ひざ関節症」などの「変形性関節症」、「関節リウマチ」や「椎間板ヘルニア」「脊椎圧迫骨折」「大腿骨頸部骨折」などが原因となる事があります。

予防の為にも、日頃からストレッチ、関節の曲げ伸ばし、ラジオ体操、ロコモ体操、散歩、水中ウォーキングなどを行うようにしましょう。
簡単な運動で良いので、自分の体調にあわせて体を動かしましょう。

腰だけではなく、全身をバランスよく鍛える体操を続けることが、腰痛予防にも、ロコモ予防にもつながります。

基本は毎日続けることで、体重の増加にもストップがかけられます。

脊椎に負担をかけないためにも、そして「ロコモティブシンドローム」「メタボリックシンドローム」を防ぐためにも、体重には注意を払わなくてはなりません。