脊柱管狭窄症の診断

脊柱管狭窄症の診断

脊柱管は、前方に椎体が、後方が黄色靭帯と椎弓があり、これらに囲まれた部分です。
中には脊髄神経(腰椎のあたりからは枝分かれして馬尾神経や神経根となる)が通っていて、これらが圧迫などで刺激を受けることで、しびれや痛みが出現するのが脊柱管狭窄症です。

脊柱管狭窄症の診断を行う場合に気をつけなければならないのが、「閉塞性動脈硬化症」との区別です。
閉塞性動脈硬化症は脊柱管狭窄症と似た間欠跛行が出る腰痛症で、どちらも高齢者に多い疾患です。
どちらが原因か、あるいは併発しているのかなど、慎重に判断する事が大切です。

脊柱管に狭窄があるか否かはエックス線検査やMRI検査を行えば、画像で判明しますが、画像所見のみで診断されるというわけではありません

診断は、先ずはどのような姿勢によって神経症があらわれるかどうかを確認します。
脊柱管狭窄症では、身体を前傾することで痛みは緩和されます。

更により正確な診断を行うには、患者とともに歩行しながら痛みがあらわれるかどうかの問診も行なわれます。

閉塞性動脈硬化症は、下肢の血流障害ですから、下肢と上肢の血圧を調べて、下肢の血圧が極端に低いようであれば、閉塞性動脈硬化症を疑うことになります。

また脊柱管狭窄症の間欠跛行は、跛行距離が一定しないことが特徴で、また腰椎を前屈して休憩することで症状は改善されますが、閉塞性動脈硬化症では、跛行距離がある程度一定しており、また腰椎の前屈では痛みやしびれなどの症状が緩和しません。

また、神経根に麻酔注射をする「神経ブロック」を利用して確認することもあります。
本来は痛みの治療として行なわれる「神経ブロック」ですが、障害されていると思われる神経根にブロック注射をすることで、一時的に症状が消失すれば、その神経根の障害が痛みの原因で、この場合は脊柱管狭窄症であると判断できます。

また簡単で分かりやすい見極め法は、自転車です。
脊柱管狭窄症では自転車に乗ると体が前傾する為、いたみが軽減されます。
しかし、症状を自覚してから自転車に乗るのが困難になったとしたら、それは閉塞性動脈症の疑いがあると考えられます。

他にも狭窄の原因に椎間板ヘルニアやすべり症が絡んで、神経圧迫につながっている場合があります。
この場合、脊柱管狭窄症とするか、椎間板ヘルニア、あるいは辷り症と診断するかは医師の判断によって違ってきます。