高周波熱凝固とは

高周波熱凝固とは

腰椎脊柱管狭窄症などの腰痛の治療で行われる神経ブロックで治療(あるいは診断を確定する事も可能)として、最も多く行われるブロックは椎間関節ブロックです。

神経ブロックは、患部である関節に局所麻酔薬を注入するもので、椎間関節に構造的な変化がない場合は、神経ブロック注射だけで楽になります。

関節に構造的な変化(変形)がある場合には、痛みを中枢に伝える神経が過敏になるために、ブロック注射では痛みを再発しやすくなります。

高周波熱凝固は、低周波と高周波の二つの電気刺激を発生する装置と針先だけに電気が流れる専用の注射針を使用し、その過敏になった神経を治療するものす。

痛みを脳に伝える神経は関節によってほぼ決まった所を通っており、低周波を流した針で痛みの原因となっている知覚神経のみを探す事が可能になります。
針先が神経に当たるといつもの腰痛を発生しますが、針先が神経に当たっていなければ何も感じないか、感じても軽い電気刺激だけなのです。

一方、高周波は低周波のように電気刺激を発生しませんが、その電気エネルギーで針先の温度が上昇します。
高周波の出力を調整すればこの温度は自在に調節することが可能です。

針先の温度が60 度を超えると神経には熱凝固が起こり神経はその機能を停止します。
これは生卵に熱を加えるとゆで卵に変化するのと同様な現象です。
少々怖いイメージがあるかと思いますが、実際の熱凝固は米粒程度の極めて小さな範囲となります。

針先に低周波を流して知覚神経のみを探し、高周波による熱凝固で痛みを緩和する治療法が高周波熱凝固法です。
完全に神経を殺すわけではないというのもこの高周波熱凝固法の良い所です。

高周波熱凝固の治療は、基本的にはX線透視を見ながら局所麻酔下で行い、治療時間は30分~1時間程度です。
痛みは、局所麻酔の注射をする時くらいで、それ以外は殆どありません。

また、薬剤を用いた神経ブロックに比べ目的の場所以外に薬が流れて副作用を起こす恐れが少なく、ピンポイントで目的の神経を狙いやすいという利点があります。

しかし、高周波熱凝固法で、痛みが永久になくなるわけではありません。
熱凝固された神経は徐々に再生されるため、無理をすると1 年前後で痛みが再発する場合もあるのですが、その場合はまた高周波熱凝固法を行えば痛みはなくなります。

再発防止のためのリハビリを医師と相談して、無理の無い範囲で行っていく事が重要です。

この治療法は、心臓にペースメーカーが入っている方を除き、血液をサラサラにするような特殊な薬を飲んでいる場合も安全に治療できることができます。