高齢者と脊柱管狭窄症

高齢者と脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症の原因は、先天的に脊柱管が狭く、かつ正常な脊柱管よりも狭く成長するケースもありますが、殆どが後天的なことが原因となって発症しています。

後天的な原因としては、脊柱管内の空間が加齢によって失われる場合、椎間板ヘルニアとの合併狭窄や腰椎すべり症によって脊柱管が圧迫される場合、外部からの強い衝撃を受けた場合、また腰椎への手術による場合などがあります。

脊柱管狭窄症の代表的な症状として、歩行中下肢のしびれが酷くなり歩けなくなるが、しばらくの間しゃがんで休んでいると再び歩けるようになるという状態の「間欠跛行」があります。

この症状が出ているということは、脊柱管内の神経圧迫がかなり進んでいると考えられます。

脊柱管狭窄症は、特にお年寄りに多い疾患で、周囲に心配をかけたくないなどの考えから、間欠跛行を自覚していても我慢している場合があります。

また、歳のせいで歩けなくなっているのだから仕方がないと判断していることも多々あります。
ご家族の方が脊柱管狭窄症の症状を理解し、早めに診断を受けて治療をすることを進言してあげることが肝要です。

脊柱管狭窄症は、圧迫される神経によって神経根型と馬尾神経型がありますが、症状が強いのは馬尾神経型の脊柱管狭窄症です。

馬尾神経が圧迫されると、足の痺れ、麻痺、脱力感などに加えて、会陰部のほてりや酷い排泄障害、我慢しがたい不快感を臀部、下肢に感じるようになります。

脊柱管狭窄症の症状が軽い場合に治療を開始すれば、痛みの軽減や悪化防止がはかれますが、酷くなると手術が必要となる場合が多く、高齢者にとっては大きな負担となります。

高齢者だけで生活している方々は、このような痛みや不快感を表明できず我慢して暮らしている方が沢山いらっしゃると思います。

ご両親と離れて生活している場合などは、特に敏感に察知してあげることが求められますが、先ずは若い世代もこの脊柱管狭窄症の症状について理解しておく必要があります。