狭窄型の坐骨神経痛とストレッチ運動

狭窄型の坐骨神経痛とストレッチ運動

私たちは痛みを感じると、痛みが和らぐような動きを自然としています。
腰が痛むときには、自然と腰を伸ばしたりトントン叩いてみたりしていて、そうすることで不思議と痛みが和らぐことがあります。

坐骨神経痛の場合でも、家庭で適切な体操やストレッチを行なうことで、症状が改善されてくるのです。

腰部脊柱管狭窄症を原因とする坐骨神経痛は椎間板ヘルニアが原因である場合と並んで多く、この場合でも狭窄症坐骨神経痛に有効なストレッチを行う事で症状の改善が図れます。

基本的に狭窄型の坐骨神経痛では、体を後ろに反らすと痛みが増幅しますので、後屈の姿勢は避けて下さい。
また、長時間の歩行や立ち姿勢のままでいることも症状を悪化させるので控えましょう。

ストレッチや体操を行うと、筋肉に柔軟性が出るとともに、筋力アップにもなり、いわば自前のコルセットとなり、痛みに効果的です。
しかし、くれぐれも無理は禁物です。

特に腰部脊柱管狭窄症は高齢者に多い疾患なので、気持ちが良い程度の範囲内でストレッチや体操を続けるようにしましょう。
万が一痛みが強くなった時は、ストレッチなどはすぐに中止して整形外科で診断を受けて下さい。

【イスに座って腹筋運動】

椅子に浅く腰掛けて、上体をゆっくりと静かに後ろに20度程度くらいまでそらし、背もたれに背中が触れないようにして10秒間程度静止し、また元の位置に戻す。
これを10回1セットで1日に3セット程度行ないます。

他に、椅子に浅く腰掛けた状態で片方の膝を抱えて胸に引き寄せまる。
これを左右の足で交互に5回程度行ないます。

【ひれ伏し体操】

床に正座をしてから、両腕を床の上に伸ばしていきますと、身体がひれ伏した状態になります。これを10回行ないます。

【スクワット運動】

部屋の隅に立って、両足を肩幅くらいに開き壁に接触させ、足先を90度開きます。
背筋をまっすぐに伸ばしたままお尻を床に向かって10cmぐらい落とします。
この態勢を10秒間保ちます。これを10回程度目安に行います。