脊柱管狭窄症に関係する筋肉「腰方形筋」

脊柱管狭窄症に関係する筋肉「腰方形筋」

脊柱管狭窄症に深く関わっている筋肉の一つに「腰方形筋」があります。
腰椎と腸骨を結ぶ、「安定を生み出す筋肉」の1つで、脊柱を支える重要な筋肉です。

腰の骨と肋骨の一番下の背中側から左右の骨盤を吊り橋のようにぶら下げているような姿をした筋肉です。

関節の動きにおいて主役として働くわけではありませんが、骨盤や腰の骨を正常な位置で保持するために非常に重要な役割を果たす脇役筋です。

具体的には
・体を横に倒す(曲げる)時
・上体を後ろに反らす時
・片方の足を挙げた時に骨盤が下がらないように引き上げる(骨盤を安定させる)時
に働き、

・足を組んでいる時
・歩く時
・階段を上がる時
などの動作の時に使われている、重要な筋肉です。

脊柱起立筋の内側に走るインナーマッスルの為、意識される事が少ない筋肉なのですが、腰が抜けたような感覚になる場合は、腰方形筋が弱体化して十分な働きができない時です。

腰方形筋は、繰り返し身体を曲げたり、ねじったりした時に痛め易い筋肉で、ギックリ腰を起こす筋肉で一番関係する筋肉でもあるのです。

床から物を持ち上げる時にバランスを崩すと左右どちらかの腰方形筋に負荷が掛かり筋肉捻挫を起こし、ギックリ腰になります。

腰方形筋は、脇腹の奥にあたるため、痛めると痛めた反対側に身体を逃がしますので、どちらの腰方形筋を痛めたか直ぐに分かります。

片方の腰方形筋が硬くなると、体を痛くないほうに逃がそうとするので、腰の高さやウエストのくびれが無くなる、また、肩の高さにも左右差が出るようになる、などアンバランスになります。
そのため、腸や子宮にも影響が出てくるようになります。