「腰部脊柱管狭窄症」が原因で起こる坐骨神経痛

「腰部脊柱管狭窄症」が原因で起こる坐骨神経痛

坐骨神経痛は腰痛があり、且つ臀部から大腿部、足先にかけて下肢全体に痛みやしびれが起きる症状をいいます。

一般に、痛みは外傷などがある部分に発症すると思われるのですが、坐骨神経痛では足が痛むからと言ってその部分に炎症が起きているわけではないのです。
ですから、いくら足をマッサージしても改善の効果はありません。

坐骨神経は、下肢の運動機能や知覚だけでなく、膀胱や直腸などの排尿や排便の機能をも支配している、体の中で一番太くて長い神経です。
腰椎骨あたりから出ている坐骨神経が刺激されて炎症を起こすと、神経が走っている臀部から下肢にかけて痛みやしびれを感じるようになるのです。

下肢痛や痺れの原因を知ることで、症状の改善への取り組みもスムーズになってきます。

高齢者の坐骨神経痛の原因として多いのが、腰部脊柱管狭窄症によるものです。
腰部脊柱管狭窄症は先天性の場合もありますが、殆どは加齢による骨や靭帯、椎間板の変性が原因となって、神経の通り道が狭くなり神経が圧迫を受けるようになる疾患です。

このような狭窄型の坐骨神経痛では、上体を後ろにそらしたときに痛みやしびれが強くなる、という特徴があります。

軽症のうちは太ももや足に痛みやしびれを感じる程度なのですが、坐骨神経痛の症状が進むと、間欠跛行の症状が現れてきます。

間欠跛行では、歩いているうちに足の痛みが強くなって歩けなくなるのですが、腰を丸めてしゃがんでいると回復してきて歩けるようになるという事を繰り返します。

また、坐骨神経が直腸の働きを司っているため、症状の悪化によって失禁や股間に熱感を覚えることもあります。

ただし、排尿障害の場合には、その原因が坐骨神経痛ではなく女性なら老化によって、男性なら前立腺肥大症による場合もありますので、注意が必要です。

高齢者は、腰痛を「歳のせいで仕方ない」と放置しがちですが、早く適切な治療を受ける事で重症化が避けられます。

歩行障害や、排泄障害をきたすようになると日常生活が困難になるため手術の対象となりますので、軽微な腰痛でも整形外科の診断を受けるようにして下さい。