腰部脊柱管狭窄症の手術に対する認識

腰部脊柱管狭窄症の手術に対する認識

腰部脊柱管狭窄症の手術は手術方法にもよりますが、それほど危険というわけではありません。
しかし、リスクが全く無いわけではなく、予後が良好な場合とそうでない場合があります。

腰部脊柱管狭窄症は脊椎の手術だから危険だと思われがちですが、現代の医療技術では危険性は殆ど無いといっていいでしょう。
また腰椎の手術は内臓を切除する消化器系の手術をすることに比べますと、身体への負担は比較的低いといえます。

しかし、腰部脊柱管狭窄症の手術が100%安全というわけではなく、手術後に神経系の障害が現れるケースがある事は理解しておかなければなりません。

これは術前に医師から説明をしっかりと受け、手術をすることで何が改善され、また、どのようなリスクがあるのかを深く理解し、手術を検討することが必要で、あとは医師を信頼するという事になります。

腰部脊柱管狭窄症の手術で、歩く時や立っている時の姿勢などのよって生じる坐骨神経痛の痛みは比較的改善されやすいのですが、痺れ感は改善しにくいものです。

改善する範囲については、患者さんの病状によって様々です。
自分で勝手に改善されると思い込んでいて、手術をしたけど改善されなかったと失望してしまっては、術後のリハビリにも影響を及ぼします。

前述のように、手術前に医師からの説明を受ける際、必ず手術のリスクと共に、自分の症状で改善が期待できる点は何か、また期待できないものは何かをきちんと説明を受け、納得して手術に臨むことがとても重要です。