部脊柱管狭窄症の徴候

部脊柱管狭窄症の徴候

腰部脊柱管狭窄症は、中高年の取り分け男性に多くみられる疾患で、「腰痛」「下肢の痛みや痺れ」「間欠性跛行」という特徴的な症状を発症し、これらはこの病気の三大徴候といわれています。
その他、下肢の筋力低下、排泄障害などの症状も現れます。

【腰痛】

腰痛症状は皆無の場合もありますし、症状があっても我慢できるような軽微なことが多いようです。

腰部脊柱管狭窄症での腰痛は、腰椎を後屈させた時に出現し、また存在していた痛みは強くなります。
これは体を後屈することで、脊柱管がより狭くなり神経根が圧迫されやすくなるためで、痛みは下肢への放散痛を伴って発現します。

逆に体を前屈させる事で、脊柱管が広げられ神経への圧迫が減り、痛みは軽減されていきます。

【下肢の痛みや痺れ・筋力低下】

脊柱管の狭窄によって、神経根が圧迫を受けた場合には、下肢の特定部位に痛みや痺れが出現し、筋力低下が見られる場合があります。

神経の圧迫は、通常第4腰椎と第5腰椎で起こることが多く、痛みや痺れの原因となっています。

腰痛症状と同じように、腰を反らすと神経の圧迫が強くなるので、太ももや膝から下の痛みが増幅します。

前傾姿勢で身体を動かさなければ、症状が出ないことが多いのですが、重症化してくると痺れの症状も常習化してしまいます。

【間欠性跛行】

歩いているうちに、下肢の広い範囲に痺れや痛み、ツッパリ感を生じ、症状は徐々に強まり、やがて、足の痺れや痛みのために立ち止まらざるを得なくなります。

しかし、しゃがんで腰を丸めて少し休むと、痺れや痛み、ツッパリ感もなくなり、自然に軽快してまた歩けるようになります。このような状態が何度でも繰り返されます。

このような状態を間欠性跛行といいますが、腰を少し前に曲げることで長い時間歩くこともできます。

自転車に乗れば自然に腰が前かがみになるために、激しい症状は出る事もなく、長時間の自転車走行が可能となります。

また、高齢者がシルバーカーを使うと、前傾姿勢をとりやすく、痛みから解放されるというメリットがあります。

【膀胱直腸障害】 

馬尾神経が圧迫されて起こる症状です。
馬尾神経の中には直腸の働きを司る神経が存在しているため、馬尾神経が障害を受けると
歩行するにつれて下肢両側や会陰部に痺れや灼熱感、冷感、絞扼感などの異常感覚が生じます。