腰部脊柱管狭窄症の薬物治療

腰部脊柱管狭窄症の薬物治療

腰部脊柱管狭窄症治療に使われる薬物には下記のような種類があります。

【非ステロイド性消炎鎮痛剤】

鎮痛・解熱・抗炎症作用を持つ、ステロイド以外の薬剤で、アスピリン・インドメタシン・イブプロフェン・ジクロフェナクナトリウムなどがあります。
腰部脊柱管狭窄症の辛い痛みや痺れを抑える効果が期待でき、飲み薬や座薬が処方されます。

【血管拡張剤】

中枢性あるいは末梢性に 作用して血管拡張をする薬物の総称です。
使用目的から抗高血圧薬、心不全 治療薬、抗狭心症薬、脳循環改善薬、末梢血行不全改善薬に分類されています。
腰部脊柱管狭窄症では、神経が圧迫を受けて血液の循環が悪くなっていることがありますので、血液拡張剤を使うことで血流をよくする効果が期待できます。

【消炎鎮痛剤】

いわゆる痛み止めの薬で、外科のみならず整形外科で内服薬が処方される場合は多くは消炎鎮痛剤です。
副作用がでる可能性が否定できず、消炎鎮痛剤の中でも上記の、非ステロイド系消炎鎮痛剤がよく処方されることが殆どです。

【筋弛緩剤】

腰部脊柱管狭窄症になると、痛みをカバーしながら活動するために、筋肉に異常な負荷がかかることがあり、その結果筋肉痛やコリを生じてしまいます。
筋弛緩剤は、そのような筋肉のコリをほぐし血流をよくする為に使われることがあります。

【ビタミン剤】

腰部脊柱管狭窄症の場合、ビタミン剤は、血流をよくするために使われ、ビタミンB12 やビタミンEなどが有効です。

【温湿布剤】

温湿布剤を使うことで筋肉の凝りを解し血流をよくして痺れなどの症状を改善する効果が期待できます。