高齢者に多い坐骨神経痛の原因「腰部脊柱管狭窄症」

高齢者に多い坐骨神経痛の原因「腰部脊柱管狭窄症」

坐骨神経痛の原因のひとつである腰部脊柱管狭窄症は、50以上の人に多い疾患と言われています。

脊柱管の狭窄は年齢を重ねることによって脊柱管を形成する脊椎がもろくなったり、その周りにある靱帯が厚肥したり、椎間板の水分が減って薄くなったりして脊柱管の空間が狭くなるものです。

高齢者の背中が丸くなっているのを良く見かけますが、これも脊柱管の老化や狭窄症が原因となっているのです。

しかし、先天的に脊柱管が狭くそのまま育った人の場合は、加齢による脊椎の変形や靱帯は厚くなりやすいため、30代でも腰部脊柱管狭窄症にかかりやすくなります。

ただし、レントゲンなどで、脊柱管狭窄の実態が見られるからと言って、必ずしも坐骨神経痛などの痛みやしびれが起こるとは限らないのです。

坐骨神経痛などの痛みが出るのは、脊柱管の狭窄が進行して脊柱管の中を通る馬尾神経や神経根を圧迫して炎症を来たす事が原因なのです。

腰部脊柱管狭窄症である場合、身体を前傾に保つことを心がけ、体操やストレッチで筋肉を強化していくことで、痛みやしびれの症状が改善されます。

しかし、高齢者にはハードな運動は禁物です。無理に運動を行なうと症状が悪化してしまうこともあります。
自分のペースで無理なく持続できるような方法を身につけましょう。
専門家から指導を受け、効果を1週間ごとに確認しながら進めるようにすると良いですね。